「自分が嫌いでしょうがない」?→ 克服法は「1つだけ」で おk。【 ヒントは『栄養素』にあり 】

 

あせんと
あせんと

はいどーも! あせんとです!

 

今回は、
↓下記の結論に沿って お話していきますっ!

 

【「自分がキラい…」を克服こくふくするには 】

「”良質りょうしつな” たんぱく質」をればおk!!(゚Д゚)

 

そんじゃまっ、今回のお話の流れは↓こ~~んな感じ~~っ♡♡

 

【 今回の話の流れ♡ 】

①「自分じぶんぎらい」=「たんぱく質の摂取せっしゅ」で克服こくふく!!(゚Д゚)

②「たんぱく質 不足」→「メンタルの “不” 安定化」!?

「”良質りょうしつな” たんぱく質」をるべしっ(゚Д゚)

 

それじゃあ今回もいっくよ~~☆☆

 

「自分が嫌いでしょうがない」?→ 克服法は「1つだけ」で おk。【 ヒントは『栄養素』にあり 】

スポンサーリンク

「自分が嫌い…」→「たんぱく質の摂取」で解決。

【イラスト】「高たんぱく質の食事」

 

自分がきらいで
しょうがない……

もうイヤ……。
こんな自分はイヤ……!!

 

↑上記の男女のような悩み、ツラさをかかえている あなた。

 

もう、大丈夫です。

 

苦しむ時間は、
終わりにしましょう。

 

これ以上、
自分をめることも、自己 否定をする必要もありません。

 

 

……そして、
あなたに1つだけ、お聞きしたいことがあります。

 

じつは、心の奥底おくそこで、
「自分への絶望ぜつぼう」をかかえていると同時に……、現状げんじょうを変えたい…!!」という「希望きぼうも持っていませんか?

 

きっと↓下記の男女のように、

 

ちょっとだけでも、
今より「自分が好き」と
思えるなら……

自分を変えたい……!!
いや、変わらなきゃ!!

 

「自分が好き」と胸を張れるように、あるいは、「自分を変えたい」と感じたことはありませんでしたか?

 

 

……いいえ、
きっと あるはずです。

 

そうでなければ、
この記事にたどり着くことは無かったでしょうから。

 

 

それでは、
今回の結論です。

 

「”良質りょうしつな” たんぱく質の摂取せっしゅが、あなたの自分じぶんぎらい」を解決かいけつしてくれます。

 

「たんぱく質の不足」が、「自分嫌い」を招く!?

【イラスト】たんぱく質不足の男性

 

……きっと あなたは、
わたしの提示ていじした↓下記の結論に疑問ぎもんをいだき、違和いわかんをおぼえたことでしょう。

 

【「自分じぶんぎらい」を克服こくふくするには… 】

→「”良質りょうしつな” たんぱく質」をればおk。

 

↓下記の男女のように、

 

ちょっと
よく分からないな……。

自分じぶんぎらい」
「タンパク質」って……、
関係あるのかしら??

 

「ぶっちゃけ意味が分からない……」と感じているかもしれません。

 

そして それは、
あなただけではないはず。

 

世の中の ほっっとんど人たちが「自分じぶんぎらい」と「タンパク質」の関係性を説明できないと思います。

 

 

……しかし だからこそ、
多くの日本人が「どうせ自分なんて……」という「じぶん嫌い」の気持ちを克服こくふくできない
のです。

 

「”適切な” えいよう 摂取せっしゅ」と「自分じぶんぎらいの克服こくふく」を理解していないからこそ↓下記の “対処たいしょ 療法りょうほう” に時間をいてしまう。

 

・『思考しこう』をととのえる

→「他者との比較ひかく」をやめる。
→「完璧かんぺき 主義しゅぎ」をやめてみる。
→「マジメすぎること」をやめる。
→「やりたくないこと」をリスト化。
→「コンプレックス」を受け入れる。
→「理想りそうの自分」をあきらめてみる。

・「過去の経験けいけん」を振りかえる

→「おやからの愛情あいじょう 不足」だったかも?
→「められた経験」が少なかった?
→「ひどいフラれ方」をした?
→「強いトラウマ」があった?

 

「心理カウンセリング」→「”根本的な” 解決」ができない。

心理療法では解決しない

 

現代の心理カウンセリングでは、大きく分けて↓下記の2タイプの方法によって「自分じぶんぎらい」の克服こくふくを目指します。

 

・「ネガティブ思考しこうの “矯正きょうせい“」
・「過去のトラウマ」の克服こくふく

 

もちろん、
↑上記の方法を実践じっせんすることで気持ちがらくになったり、嫌な感情かんじょう浄化じょうかされる(消える)こともあるでしょう。

 

 

……しかし、です。

 

けっして、
「”根本こんぽんてきな” 自分じぶんぎらいの克服こくふく」にはつながりません

 

なぜなら、
自分じぶんぎらい」とは、「えいよう 不足」によって生じる問題だからです。

 

【イラスト】たんぱく質不足

 

というのも、
『たんぱく質』が足りなくなると、私たちの『こころ』を生み出す器官きかん ——『のう』の はたらきが悪くなるのだそう。

 

ネガティブ思考しこうおちいったり、
「メンタルの”” 安定化」につながるのが「たんぱく質 不足」なのです。

 

したがって、
分かりやすく言うと「”良質りょうしつな” たんぱく質」をること自分じぶんぎらい」の根本こんぽんてき解決かいけつにつながります。

 

「人間の心」を生み出す栄養素 ——『たんぱく質』

【イラスト】「高たんぱく質の食事」

 

順を追って、
分かりやすく ご説明いたします。

 

じつは、
『たんぱく質』は「からだの組織そしきを作る “材料ざいりょう“」であると同時に、「人間の心を生み出すえいようでもあります。

 

たとえばですが、
『たんぱく質』を “原料げんりょう” として合成される物質ぶっしつの1つ ——『セロトニン』について ご紹介しましょう。

 

【イラスト】セロトニンの"原料"=『たんぱく質』

 

ざっくり言うと、
『セロトニン』とは、「メンタルの安定」をサポートしてくれる化学かがく 物質ぶっしつの1種です。

 

私たちにからだに、
↓下記のメリットをもたらすことで「心の安定化」をはかります。

 

【『セロトニン』の5つのメリット 】
1. 気分きぶんをリラックスさせる
2.「不安ふあんかん」を取りのぞく
3. 集中しゅうちゅうりょくを高める
4. よく眠れるようになる
5. スッキリ起きられる

 

かんたんに言うと、
体内でセロトニンが増えることによって、

 

自分がきらいで
しょうがない……。

もうイヤ……。
こんな自分はイヤ……!!

 

↑上記の男女が抱えているような、「自分がきらい……」というネガティブ思考しこうを やわらげる効果こうかが期待できます。

 

「自分が嫌いでしょうがない…」→「”良質な” たんぱく質」で改善!!

「良質な たんぱく質」を摂れェ―――!!!(゚Д゚)

 

自分じぶんぎらい」の正体は、
自分への「自信のなさ」にあります。

 

「じぶんに自信を持てないこと」が、

 

自分がキライで
しょうがない……

もうイヤ……。
こんな自分はイヤ……!!

 

↑上記の男女のような感情かんじょうを生み出し、あなたを苦しめているのです。

 

であれば、
「適切な解決かいけつ さく」は、「自分に自信をもつこと」。

 

「たんぱく質の摂取せっしゅ」により、
「メンタルの安定(自分を信じる心)」を手に入れることが最適な “克服こくふく法” だと言えます。

 

【イラスト】「たんぱく質の摂取」を解決策とするイメージ

 

 

……ちなみに、ですが。

えいようの不足」は、「子どもののう発達はったつ」にもあく 影響えいきょうをおよぼすことが実証されています。

 

かんたんに言うと、
えいよう 不足」が子どもの「健全けんぜんな こころの成長」を阻害そがい(ジャマ)して、知能(IQ)アイキューの低下をまねいてしまう。。

 

それほどまでに、
私たち人間が持つ『こころ』や、『のう』にとって、「きちんとしたえいよう 摂取せっしゅ」は、重要なことなのです。

 

「ネガティブ思考」が、 “諸悪の根源” 。

NO MORE!!ネガティブ思考!!

 

一般的に見て、
「自分がきらいでしょうがない……」という心理を かかえた人は、「ネガティブ思考しこう」にはまっていると考えられます。

 

 

……そして誤解をおそれずに言うと、「ネガティブ思考しこう」こそがすべての原因 —— 諸悪しょあく根源こんげん です。

 

というのも、
現代の心理しんりがくでは↓下記の内容が証明されています。

 

人間は、
自分・・見た・・よう・・
ものごとを見るクセがある

 

さらに、
上記の内容に「ネガティブ思考しこう」を組み合わせると↓このように変貌へんぼうしてしまうのだとか。。

 

ネガティブな人は、
自分が見たいように、
ものごとを “ネガ・・ティ・・ブに・・
見るクセ
がある。

 

 

……つまり、です。

 

私たち人間には、
「ネガティブ思考しこうのときは、あらゆるものを悲観ひかん的に とらえてしまう傾向けいこうがあるということ。

 

したがって、
「自分がきらいでしょうがない……」と感じているときには、どれだけポジティブなことを考えても、意味がない。

 

なぜなら、
「ポジティブなもの」の中にも、ネガティブな要素を見つけ出し、「自分じぶんぎらい」を強めてしまうのですから。

 

「たんぱく質の摂取」で、「自分 嫌い」を断ち切ろう!!(゚Д゚)

【イラスト】悲しむビジネスパーソン(女性)

 

人間は、自分が見たいように、ものごとを “ネガ・・ティ・・ブに・・” 見るクセがある

 

↑上記が、
さきほどの「心理カウンセリングは “根本こんぽんてきな” 解決かいけつにならない」という主張の根拠こんきょです。

 

「自分がきらい……」という「ネガティブ思考しこう」におちいっている状態じょうたいで考えたことは、すべてが「ネガティブな現実」として解釈かいしゃくされます。

 

逆に言うと、
「自分に自信のある人」——「ポジティブ思考しこう」を身に付けている人は、↓下記のようなこう 循環じゅんかんに入れますね。

 

①「ポジティブ思考しこう」で考える

②  現実をポジティブに解釈かいしゃく

③「自分への自信」につながる

④  さらに「ポジティブ思考しこう」に…以下ループ

 

↑上記のサイクル(循環じゅんかん)に入るための方法が、これまでにオススメしてきた「適切なえいよう 摂取せっしゅ」です。

 

とくに、
「”良質りょうしつな” たんぱく質をること」が、あなたの「ネガティブ思考しこう」——「自分じぶんぎらい」を断ち切ります

 

さいごに、
かつて「愛の人」としょうされたマザー・テレサさんのことばを お贈りします。

 

思考しこうに気をつけなさい、それはいつか言葉ことばになるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動こうどうになるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣しゅうかんになるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格せいかくになるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命うんめいになるから

 

もう、大丈夫です。
苦しむ必要はありません。

 

「”良質りょうしつな” たんぱく質の摂取せっしゅ」で、
あなたの「自分じぶんぎらい」も『運命』も、絶っっ対に変わっていきますから。

 

まとめるよっ!

 

【「自分がきらい…」を克服こくふくするには 】

「”良質な” たんぱく質」を摂ればおk!!(゚Д゚)

 

今回も読んでくれてありがとっ♡♡

 

↓この記事も読むといいかもっ!!

 

「じぶん嫌い」の心理 →「栄養 不足」

 

『セロトニン』について

 

「自分」を変える
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアっ♡♡
あせんとをフォローっ♡♡
コンビニ店員 人間関係とお金を語る

コメント