「気性が荒い人」の心理と特徴 →「脳の機能」に原因あり!?【科学的に解説】

 

あせんと
あせんと

はいどーも! あせんとです!

 

今回は、
↓下記の結論に沿って お話していきますっ!

 

【「気性きしょうあらい人」の原因げんいん

のう機能きのう」に問題もんだいあり!?(゚Д゚)

 

そんじゃっ、
今回の話の ながれは↓下記のとおりですっ!

 

【 今回の話の流れ♡ 】

①「『へんとうたい』の “エラー”」→「気性きしょうあらい人」を作り出す!?

②「『前頭ぜんとう 前野ぜんや』の “発達はったつ“」→ “人間らしさ” をそこなわせる。。

③「のう 機能きのう問題もんだい」が、「気性きしょうあらい人」を生み出す【「関わらない」が正解 】

 

それじゃあ今回もいっくぞ~~っ!!(゚Д゚)

 

「気性が荒い人」の心理と原因 →「脳の発達」に問題あり!?【科学的に解説】

スポンサーリンク

「脳 機能の “エラー”」→「気性が荒い人」の “原因” !?

【イラスト】「イライラしている人の脳内」

 

気性きしょうあらい人」って、
いっつもイライラしてるし
暴力的だよね……。

気に入らないことがあると
すぐに怒り出すし、
感情かんじょうコントロール」が
できてないわよね……。
もう、ウンザリ……。

 

↑上記の男女のような悩みを お抱えの あなた。

 

さきに結論を言うと、
気性きしょうあらい人」を生み出しているのは……、じつはのう 機能きのうの “エラー”」にあります。

 

【「気性きしょうあらい人」の原因げんいん

のう機能きのう」に問題もんだいあり……!?(゚Д゚)

 

というのも、
現代の科学では、「人の心」を作り出すのは、私たちの頭に くっついている『のう』という器官きかんだとされています。

 

【イラスト】「心=脳」のイメージ

 

具体的に言うと、
↓以下の「心の機能きのう」と呼ばれるものは、すべて「のうの はたらき」によって作り出されているのだそう。

 

【『のう』が生み出す「こころの機能きのう」】

感情かんじょう
思考しこう
記憶きおく
経験けいけん
理性りせい
意識いしき
感覚かんかく五感ごかん
言語げんご
理解りかい…など

 

「感情のコントロール」を担当する領域 ——『偏桃体』

へんとうたいの位置)
『偏桃体』の位置

 

今回の お話で重要なポイントは、
「こころの機能きのう」のなかでも、とくに↓以下の2つでしょうか。

 

感情かんじょう
思考しこう

 

感情かんじょうのコントロール」ができないから、周囲に「イライラ」をぶちまける。

 

また、
「まっとうな思考しこう」ができないからこそ、他人の気持ちを思いやることができずに暴力的になる。。

 

いずれも、
気性きしょうあらい人」の心理や特徴とくちょうを あらわしていますね。

 

【イラスト】脳が怒りっぽくなっているようす

 

そして、
じぶん自身で「感情かんじょう整理せいり」がつけられないのは、『へんとうたい』というのう領域りょういき問題もんだいがあるからだと考えられます。

 

というのも、
のう科学かがく神経しんけい 科学かがく)的に言うと、『へんとうたい』とは↓下記のような特徴とくちょうを持つ部位ぶいです。

 

【『へんとうたい』とは?? 】

→「好き・嫌い」や「怒り」「恐怖」など、感情かんじょう』をコントロールする領域エリア

へんとうたいの位置)
『偏桃体』の位置

 

「怒りっぽさ」→「脳 機能の “エラー(異常)”」

【イラスト】「脳内でエラーが起きている」

 

分かりやすく言うと、
へんとうたいというエリアは、私たち人間の「怒りっぽさ」をコントロールするのう部位ぶい

 

したがって、
へんとうたいのうの一部)』の機能きのう、あるいは発達はったつが “不” じゅうぶんなほど「気性きしょうの荒さ」につながります。

 

つまり、
ことばを選ばずに言うと、気性きしょうあらい人」問題もんだいへんとうたいの “エラー(機能きのう 異常いじょう)” 」にあるのです。

 

【イラスト】脳と心に悪影響を与えているようす

 

ついでに言うと、
「強いストレス」を受け続けると、『感情かんじょう』をつかさどる『へんとうたい』にダメージが与えられてしまいます。

 

たとえばですが、
TV やネットニュースなどで↓以下の「気性きしょうあらい人たち」が問題もんだい視されることがありますね。

 

・駅員さんに土下座を強要するサラリーマン
・店員に不満をぶちまけるモンスタークレーマー

 

これまでの お話のとおり、
↑上記の人たちの脳内では、「のう 機能きのうの “エラー(異常いじょう)”」が起きているはず。

 

「ストレス」のせいで『感情かんじょう』をコントロールする『へんとうたい』にダメージが生じ、「怒り」を抑えられなくなっているのですね。

 

「気性きしょうの荒い人」の問題 →「”継続的な” ストレス」にあり!?(゚Д゚)

【イラスト】「自分のことが好きになれない(嫌い)」なようす

 

のう』という器官きかんは、
「強いストレスを受け続けること」を、とっっても嫌います。

 

「怒りっぽさ」の問題もんだいは、「へんとうたいの “肥大ひだい(大きくなること)”」にあり、その原因げんいんは……「ストレス」

 

「”継続けいぞくてきな” ストレス」が、
のう機能きのう」にダメージをあたえ、私たち人間の『こころ』を おかしくしてしまうのですね。

 

したがって、
「ストレスを減らすこと」——「のうの正常な はたらき」は、「健全けんぜんで安定的な こころ」をサポートしてくれます。

 

このことを踏まえると、
気性きしょうあらい人」は、ひとよりも多くの「強いストレス」を受け続けているのかも……、と言えそうですね。

 

【イラスト】脳が正常に機能していない

 

 

……ただし、
問題もんだいは「ストレス」だけではありません。

 

もしかしたら、
気性きしょうあらい人」には、もう1つの問題もんだい ——前頭ぜんとう 前野ぜんや発達はったつの可能性が、かくされているかもしれません。

 

「人間らしさ」を担当する領域 ——『前頭 前野』

『前頭前野』の位置

 

前頭ぜんとう 前野ぜんや』とは、
さきほど ご紹介した『へんとうたい』とおなじく、のうの一部の領域エリアのことを指します。

 

位置的には↓以下のあたりですね。

 

『前頭前野』の位置

 

そして、
前頭ぜんとう 前野ぜんやの役割」を ひとことで言うと……「”人間らしさ” のコントロール」です。

 

さらに具体的に言うと、
前頭前野は↓以下の機能きのう制御せいぎょするエリアだとされています。

 

思考しこうつかさど
・「意思 決定」を行なう
・「モチベーション」を管理
・「対人コミュニケーション」を制御せいぎょ…など

 

↑上記の特徴とくちょうどれもが、
私たちの「人間らしさ」に関わっているため、『前頭ぜんとう 前野ぜんや』は「のうの “最高さいこう 中枢ちゅうすう“」と呼ばれることも。

 

したがって、
批判をおそれずに言うと、「前頭ぜんとう 前野ぜんや発達はったつそこなわれること」は「人間らしさの喪失そうしつ」につながります。

 

「気性が荒い人」→「子どもの脳みそ」のまま!?(゚Д゚)

【イラスト】「気性の荒い人の脳みそ」=「子どもの脳みそ」

 

さらに言うと、
ほかののう領域りょういきとくらべると、『前頭ぜんとう 前野ぜんや』は すこしだけ “特別” です。

 

というのも、
ほかの領域エリアが「12才ごろ」に完成するのに対し、『前頭ぜんとう 前野ぜんや』は24~25才くらいで、発達はったつが終了(完成)。

 

【イラスト】他の脳領域→12才ごろに完成 前頭前野→24~5才ごろに完成

 

その他の領域エリアと比べて、
約2倍の「成長するための時間」が必要なのです。

ちょっとだけ “遅咲おそざき” ですね。

 

したがって、
私たちが「完璧かんぺきな “人間らしさ”」が手に入れるのは、25才 前後ぜんごくらい……、ということになります。

 

“人間らしさ” の獲得かくとく = 25才 前後ぜんご
(『前頭ぜんとう 前野ぜんや』の完成)

 

このことから、
小さい子どもが「感情かんじょうのコントロール」をニガテとするのは、『前頭ぜんとう 前野ぜんや』の発達はったつが充分ではないからだと言えます。

 

そしてこれは、
気性きしょうあらい人」に対しても、おなじことが言えますね。

 

批判をおそれずに言うと、
気性きしょうあらい人」というのは、のう前頭ぜんとう 前野ぜんや)の発達はったつが「子どものまま」なのです。

 

「気性が荒い人」→「自制心」が備わっていない。【 脳科学で解説 】

【イラスト】「イライラしている人の脳内」

 

世の中の多くの人は、
大人になればなるほど、「自制心」を備え、ものごとをガマンできるようになり、感情かんじょうコントロールが上手くなります。

 

さらに言うと、
私たちはオトナになるにつれて↓下記の「大人っぽさ」を手に入れていく傾向に。

 

・落ち着き
感情かんじょうコントロールの上手さ
・ものごとへの冷静な判断力…など

 

その反対に、
↓下記の男性のように「キレやすい人」や「感情かんじょうコントロールが下手な人」を「子どもかよ…」と感じますよね。

 

んだと!?(#゚Д゚)ゴルァ!!
おぉん!?(#゚Д゚)ゴルァ!!
テメコラ(#゚Д゚)ゴルァ!!

(#゚Д゚)ゴルァ!!
(#゚Д゚)ゴルァ!!
(#゚Д゚)ゴルァァァァァァァァァ!!

 

その理由は、
私たちの生きる社会で↓下記のような常識 —— 先入観があるからです。

 

「子ども = 自制心が育ってない」
「大人 = 自制心が成長ずみ」

 

「自制心」を備えるには、
「大人への成長」が必要です。

 

さらに言うと、
のうの成長」——「前頭ぜんとう 前野ぜんや発達はったつ」が、私たちの「大人っぽさ」をつくり、「自制心」を成長させます。

 

したがって、
ここまでの話は↓以下のようにまとめられますね。

 

【「気性きしょうあらい人」の心理と特徴とくちょう

「『へんとうたい』の機能きのう 不全ふぜん「『前頭ぜんとう 前野ぜんや』の発達はったつ 不足ぶそくによって生じる。

 

【 まとめ 】「気性が荒い人」

 

【「気性きしょうあらい人」の原因げんいん

→「のうの機能(『へんとうたい』と『前頭ぜんとう 前野ぜんや』)」に問題もんだいありっ!!(゚Д゚)

 

今回も読んでくれてありがとっ!!(゚Д゚)

嫌いな人
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアっ♡♡
あせんとをフォローっ♡♡
コンビニ店員 人間関係とお金を語る

コメント