「笑われるのが嫌い」?→ 正しい。『殺人』の本質を見抜いている。

 

あせんと
あせんと

はいどーも! あせんとです!

 

今回はぁ、「他人に “笑われる” のが大嫌っっい…!!(゚Д゚)」って感じてる、あなたの感覚は正しいゾっ♡♡ って話をするゾっ♡♡

 

結論を言うよっ♡♡

 

他人ひとに “笑われる” のが嫌い」って感じてる、あなたは正しいよっ♡♡

 

だってぇ、

 

『笑い』になるなら
バカにしてもいいじゃんw

 

↑この男の人が言ってるのはぁ、

 

『笑い』になるのであれば、人を殺しても構わない

 

↑コレとおなじ論理ろんりだからねっ♡♡

 

「『笑い』になるなら、人を馬鹿ばかにしても OK」ってのはぁ、本質的には↑この理屈りくつ一緒いっしょなんだよねっ♡♡

 

んだからぁ、

 

「人をバカにしても、『笑い』になるなら OK」=「『笑い』につながるなら、殺人も構わない」

 

↑こーゆーことになるねっ♡♡

 

そりゃあ、あなたが「笑われるのがキライ…!!(゚Д゚)」って感じるのも、当然だよねっ♡♡

 

「そりゃそうだわ(゚Д゚)」って感じだよねっ♡♡

 

それじゃあ今回もいっくよ~~~~☆☆

 

「笑われるのが嫌い」?→ 正しい。『殺人』の本質を見抜いている。

スポンサーリンク

「笑われるのが嫌い」なのは、そこに『殺人』の論理を感じるから。

「笑われるのが嫌い」と感じるあなたは正しい!

 

さきに1つ、質問をさせてください。

 

あなたは、TV や YouTube などで、お笑い系の動画をごらんになることがあるでしょうか。

 

いわゆる、「バラエティ番組」と呼ばれるものですね。

 

 

……そして、そのときに、

 

とりあえず、
なんでもいいから

『笑い』になればいい!

 

↑このような雰囲気ふんいきを感じることはありませんか?

 

それからもう1つ、

 

(例)
・汚いことばでバカにする
・相手をディスる侮辱ぶじょくする)

 

↑これらを、他人に対して向けている人たちを見かけることはありませんか?

 

「ディスる」「バカにする」といった言動は、基本的には、「相手を愉快ゆかいにさせるもの」ですよね。

 

しかし、画面のむこう側、あるいは劇場げきじょうやライブ会場でる『お笑い』では、これらのことが、さも当然かのようにおこなわれています。

 

あれは、もちろんパフォーマンスの一環いっかん(1つ)です。

 

『お笑い』を生業なりわいとしている芸人さんたちが、エンターテインメント娯楽ごらくを面白おかしくしているだけ、ですね。

 

 

……しかし、お笑い芸人さんたちとおなじことを、私たちがやってもいいかと言えば、断固だんことして「NO!!」です。

 

なぜなら、「相手をバカにして笑いを取ること」には、↓コチラの論理が成り立っているからです。

 

『笑い』になるのであれば、人を殺しても構わない

 

「『笑い』になれば、なにをしてもOK!」は、『人殺し』の論理…!?

「人殺しの論理」を許してはいけない!

 

もしかしたら、

 

そんなわけないだろ!

その意見は極端きょくたんすぎるわ!

 

↑この男女のように思うかもしれません。

 

たしかに、極端な考えです。

けれど、論理として間違ってはいません

 

「バカにする」や「見下す」など、「相手を傷つけること」の本質は、

 

相手を傷つけること = 人としての権利けんりみにじること

 

↑コチラにあるように、「人としての権利を踏みにじること」につながります。

 

ここで言う権利けんり』とは、日本人であればだれもがもつ、「しあわせになる権利」のことです。

 

そして、「人の権利をみにじること」が許されないのは、私たちの生きる社会がそう決めているからです。

 

「他人を傷つけること」は、「幸せになる権利」をジャマしている…!?

他人を傷つける=幸福の追求をジャマしている!?

 

たとえばですが、中学生のときに、『日本国憲法けんぽう 全文ぜんぶん』を、社会の授業じゅぎょうで勉強しましたね。

 

『憲法』とは、
国が決めた、いっっちばん大きな『ルール』
です。

 

私たち日本人は、この『ルール』を守りながら、社会で生活していかなければなりません。

 

「人としての権利を踏みにじること」を、日本の憲法は絶っっ対にゆるしません。

 

それは、だれもがが持つ「しあわせを追い求める権利」をジャマしている、と同じ意味をもつからです。

 

なので、

 

人を傷つける =「しあわせを追い求めること」をジャマしている

 

↑このような式が成り立ちます。

 

 

……つまり、です。

 

ここまでをまとめると、↓このような ① ~ ③ の流れができあがります。

 

①『笑い』のために、人をバカにする

② バカにする = 他人をきずつける

③ 傷つける =「幸せになる権利」を侵害しんがい(ジャマ)している

 

どんな人間であれ、「幸せになる権利」をジャマしてはいけない。それ、「憲法 違反」です。

幸福追求のをジャマする=憲法違反

 

ここでちょっとだけ、憲法さんの一部を見てみましょう。

 

↓この太字の部分に注目です。

 

第三章 国民の権利及び義務

第十三条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

———衆議院HP 『日本国憲法』より引用
太字は当ブログの筆者によるもの)

 

↑コチラの文にある、生命せいめい、自由およ幸福こうふく追求ついきゅうに対する国民の権利けんりについて、詳しくみていきましょう。

 

 

幸せ』とは、基本的にポジティブなものだと理解されていますよね。

 

うれしい!」「楽しい!」といった気持ちがポジティブなものであるように。

 

私たち日本人は、憲法さんによって、これらの気持ちを追求することが認められているのです。

 

憲法さんは、「幸せの追求」を、他人がジャマすることを許しません。

 

それは憲法さんの言う最大さいだい尊重そんちょう」にはんするからです。

 

「他人をバカにして笑いを取ること」は、「人権 侵害」とおなじ!

他人をバカにする笑い=人権侵害

 

憲法さんは、怒るとコワいのです。

なので、憲法さんに逆らうのはオススメしません。

 

憲法さんからの、神の鉄槌てっつい法的ほうてき 措置そちくだってしまいます。

 

 

ところで、私たちの社会では「人を殺してはいけない」と教えられますね。

 

すべての人が守るべき、当たり前のルールです。

 

そして、「殺してはいけない」のは、「幸せになる権利を侵害(ジャマ)すること」に該当がいとうする(当てはまる)からです。

 

それから、「人を傷つけること」もまた、「『幸せになること』をジャマしている」と判断されます

 

つまり、

 

人を傷つける or 人を殺す =「幸せになる権利けんり」を邪魔じゃましている

 

↑このような意味になりますね。

 

これが、私が「笑いのためなら人を傷つけてもいい」という考えを、否定する根拠です。

 

「笑われるのが嫌い」なあなたは、心の動きに敏感で、誠実な人。

あなたは心の動きに敏感な人!

 

なので、もう1度まとめると、

 

①『笑い』のために、人をバカにする

② バカにする = 他人をきずつける

③ 傷つける =「幸せになる権利」を侵害しんがい(ジャマ)している

 

↑このような順番になりますね。

 

「人を殺すこと」「人をバカにすること」のどちらも、本質的には、憲法さんの言う「生命、自由、幸福 追求」をジャマしているのです。

 

 

したがって、あなたが「笑われるのが嫌い…!!(゚Д゚)」と感じるのは、まことに正しい感覚だと言えます。

 

あなたはきっと、そこにある「”人殺し” の論理」を見抜いているのでしょう。

 

あなたをバカにして笑ってくる人からは、いますぐ離れよう!

今すぐに離れよう!

 

テレビやスマホの画面の向こう側では、芸人さんたちが  “当たり前のように” 他人をディスっています。

 

お笑い芸人さんたちが、『笑い』を取るために必死でいろいろなことをやるのは、それが仕事だからです。

 

『笑い』をとらないと、彼ら/彼女らはお金がもらえなくなってしまうからです。

 

そうなったら、ご飯が食べられなくなります。

生活ができませんね。

 

 

……けれど、私たちは違います。

人を笑わせることで、お金をもらっているわけではないでしょう。

 

であれば、相手を傷つける低レベルな笑いを、私たち一般人がする必要はありません。

 

 

……それから、あなたを笑いものにしてくる人たちは、おそらく、「心が “不” 健康」なのです。

 

きっと、
じゅうぶんな栄養が摂れていないのでしょう。

 

たんぱく質が不足しているせいで、人間の『こころ』をつくる物質 ——『セロトニン』が、あまり分泌ぶんぴつされていないのかもしれませんね。

 

 

あるいは、いままでの人生のなかで、その人自身の「生きる価値」を尊重そんちょうされたことがないのかもしれません。

 

その人たちは、きっと、「自分に自信がない人たち」なのでしょう。

 

だからこそ、人を傷つけることで、「自身の生きる価値」を確認しているのです。

 

そんな人たちに対して、私やあなたができることは1つだけです。

 

「関わらないこと」です。

 

残念ですが、心理学も脳科学も、魔法ではありません。

 

どうしようもないものは、どうしようもないです。

 

ですから、あなたを笑いものにしてくる人たちからは、離れるべきです。

 

あなたには、「あなたの幸せを追求する権利」があるはずですから。

 

まとめるよっ!

 

・相手バカにする or 人を殺す=相手の権利を踏みにじること。

・笑われるのが嫌いなのは「”人殺し” の論理」を見抜いているから。

 

今回はここまで!

〇人間関係と心
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアっ♡♡
あせんとをフォローっ♡♡
コンビニ店員 人間関係とお金を語る

コメント