「人間の8大感情」——『基本的感情(情動)』を簡単に分かりやすく解説っ【理論】

 

あせんと
あせんと

はいどーも! あせんとです!

 

今回は「人間が生まれながらにして持っている8つの基本的な感情」についてお話していくゾっ♡♡

 

結論を言うよっ♡♡

 

俺氏たちが『感情』って呼んでるものは、大きく分けて8つあるよっ♡♡

 

↓がその8つのまとめだよっ♡♡(覚えなくていいからねっ♡♡)

 

【 人間の8大感情 】

1.恐れ  →「怖い…」
2.おどろき →「ビックリしたぁ!」
3.悲しみ →「泣きたいっス…」
4.嫌悪けんお  →「アイツ嫌い」
5.怒り  →「(#゚Д゚)ゴルァ!!」
6.期待  →「きっと〇〇だ!」
7.喜び  →「セ「それ以上いけない」
8.信頼しんらい  →「仲良くなりたい!」

 

けっこう多いよねっ♡♡

 

まーーーーでもテストに出ることもないから気になるところだけでも見ていってねっ♡♡

 

それじゃあ今回もいっくよ~~☆☆

 

「人間の8大感情」——『基本的感情(情動)』を簡単に分かりやすく解説っ【理論】

スポンサーリンク

基本的な感情 ① → 恐れ

 

 

まず初めに紹介したい感情は『おそ』です。

 

さきに1つ質問させていただきたいのですが……あなたは「暗闇くらやみが苦手でしょうか?

 

もし「苦手だ」とお答えになるのであれば、それは生物的には正しい反応といえます。

 

というのも、人間という生き物は基本的に「暗いところが苦手です。

本能的に、そういう仕組みになっているのです。

 

暗闇では、相手の姿が見づらいですよね。

 

それはつまり、暗がりでは「自分に近づいてくるものが安全かどうか?が分かりづらいということです。

 

明るいところは安全

 

暗いところは危険

 

小さい子どもが「真っ暗な部屋」におびえるのはこのような理由からです。

 

もしかしたら、暗いところから自分に危害を加えてくる “何か” が飛び出してくるかもしれませんからね。

 

ですから、

 

暗いところは苦手だわ…

さっさと立ち去りたい

 

↑の女性が「暗がりから離れたい…」と考えるのは普通のことです。

 

この「立ち去りたい…」のような『恐れ』という感情にもとづいた行動は『逃走行動』と呼ばれます。

 

基本的な感情 ② → 驚き

 

 

さて、2番目に紹介するのは『おどろ』です。

 

例えばですが、スマホから唐突とうとつに流れる「緊急地震速報のアラートにびっくりしたことはありませんか?

 

地震速報のアラート

 

↑のアラートは大音量でながれてくるため、きっと「何ごとだ!?」と驚愕きょうがくしたのではないでしょうか。

 

そのとき、一瞬だけ頭のなかが真っ白になりませんでしたか?

自分の体がビクッ!」となりませんでしたか?

 

これが『驚き』という感情による『硬直こうちょく行動』と『驚愕きょうがく反応』です。

 

頭のなか真っ白
→ 硬直行動
からだビックーーーッ!
→ 驚愕反応

 

あまりにも突発とっぱつ的な出来ごとでは、『驚き』によって思考が停止して身も心も固まってしまうんですね。

 

基本的な感情 ③ → 悲しみ

 

 

さて、お次は『悲しみ』という感情についてお話していきます。

 

例えばですが、あなたを含め、誰でも一度は↓のような経験をしたことがあるでしょう。

 

受験がうまくいかなかった…

就活に失敗した…

仕事で大きなミスをした…

 

↑これらのようなツラく悲しい出来ごとによって、泣き苦しんだことがあるかもしれません。

 

泣きたいくらいの悲しい思い」をしたとき、人は「誰かに助けて欲しい」と感じます。

 

この悲しみから救い出してほしい」と考えるのです。

 

これを『悲しみ』による『救助行動』と言います。

 

「ツラいときは誰かにそばにいて欲しい」と感じるのも、この『悲しみ』という感情が刺激されているからです。

 

基本的な感情 ④ → 嫌悪

 

 

嫌悪けんお』という感情は、わりとピンとくるものがあるのではないでしょうか。

 

あなたの「嫌いな人」に向けた感情がまさにコレです。

 

例えばですが、

 

あの人は好きになれないわ…

 

↑この女性はきっと、相手に向けて↓のような行動を取るでしょう。

 

・話さない
・近づかない
・無視する…など

 

↑これらの行動はいずれも、『嫌悪』という感情が刺激されているからこそ生じるのです。

 

このような気持ちが喚起かんきされると、人は『拒否行動』を取るようになります。

相手と距離を取るように振るまうんですね。

 

基本的な感情 ⑤ → 怒り

 

 

やーいバーカバーーカww

 

 

……あなたは今、↑の男性にバカにされてイラッっとしましたね?

 

私と同じように、

 

あせんと
あせんと

あぁん!?(#゚Д゚)ゴルァ!!

 

↑と感じたことでしょう。

これがメンタリズムです。(違います)

 

この (#゚Д゚)ゴルァ!! という気持ちのことを心理学では『怒り』と言います。

 

『怒り』の感情が喚起かんきされたとき、人は相手のことを「攻撃してやりたい」と考えます。(倍返しだ!)

 

これは『攻撃行動』と呼ばれますが、実際に生じる行為こうい物理的に危害を加えることに限りません。

 

↑の男性がしたように、「相手をバカにする」などの「精神的な攻撃」も『攻撃行動』の中に含まれます。

 

基本的な感情 ⑥ → 期待

 

 

次にご紹介したいのは『期待きたい』という気持ちです。

 

『期待』って感情に含まれるんだ?

あんまりピンとこないわ…

 

もしかしたら、あなたも↑の男女のように感じたかもしれません。

 

『怒り』や『悲しみ』などと比べると、この感情は「どういう気持ちなんだ?というイメージがしにくいですよね。

 

『期待』という感情が持つメッセージは↓の通りです。

 

期待 = ものごとを自分の考えているとおりに進むだろうと予測する気持ち

 

例えばですが、

 

明日は新型 iPhone の発売日だから
朝イチで店に並ぶぞ!

 

↑の男性は「自分が新しいタイプの iPhone を買えること期待しています。

 

それから、

 

明日はわたしの誕生日だわ!

彼氏は何か計画して
くれてるかしら?

 

↑の女性は「誕生日を祝ってもらえること期待していますよね。

 

↓のような気持ちを抱くとき、あなたも私もえてして『期待』をします。

 

もしかしたら〇〇かもしれない…

きっと〇〇だろう!

 

このような『期待』という感情にもとづいた行いは『探索行動』と呼ばれます。

 

要は、自分の期待通りにものごとを進めるために「調べる」「計画を立てる」といった行動を取るのですね。

 

基本的な感情 ⑦ → 喜び

 

 

さぁ、「人間の基本的な感情」も7つ目に差しかかっています。

もう終盤しゅうばんですね。

 

次にご紹介するのは『喜び』です。

説明するまでもないくらい、誰にとってもメジャーな感情ですよね。

 

 

……と、言いたいところですが。

 

実は、心理学における『喜び』は、私たちの認識にんしきとはちょっと違っています。

 

というのも、「基本的な感情」では『生殖せいしょく行動喚起かんきさせる気持ちとして『喜び』が紹介されてるからです。

 

え? それってセッ…

 

おっと。

それ以上はいけません。

 

性的な表現をすると私のクライアント(取引先)に怒られてしまうので、『交尾こうび』という便利なことばを使いましょう。

 

ともあれ、心理学において『喜び』は『交尾』を誘発ゆうはつさせる(生じさせる)感情として理解されているのです。

 

したがって、

 

とっても嬉しいわ!

今日は楽しいなぁ!

 

↑の男女が抱いている気持ちは『喜び』ではありません。

 

これらには、次に紹介する『信頼しんらい』という感情が当てはまります。

 

基本的な感情 ⑧ → 信頼

 

 

さぁ、これでラストです。

① の『恐れ』から読み進めてきてくださった方はお疲れさまでした。

 

「もくじ」から飛んできたそこのあなた。

はい、こんにちは(´・ω・)

 

最後にお話する『信頼しんらい』という感情は、私たちが『』と呼んでいるものにかなり近い性質をもちます。

 

相手への気持ちとして↓のような言葉が当てはまるとき、あなたも私も『受け入れ』の感情が呼び起こされています。

 

・友情
・愛情
・親愛
・友好…など

 

したがって、

 

あの人と仲良くなりたいわ!

あのと話してみたいなぁ…

 

↑の男女はともに『信頼』という気持ちが喚起かんきされていると言えます。

 

「仲良くなりたい」や「お近づきになりたい」などの感情は『親和しんわ行動』を引き起こします。

 

これらはいずれも「したしくなりたい!」という気持ちにもとづいた行動です。

 

相手に近づきたい!」と感じたときに誘発ゆうはつされる(呼び起こされる)のが『信頼』という感情なのですね。

 

お・ま・け ♡ 「基本的な感情 = 基本的情動 or 一次感情」

 

 

いかがでしたか?

 

私たちが『感情』と呼んでいるものは、学術的には『基本的情動じょうどう』、あるいは『一次いちじ感情』と言われます。

 

あまり聞きなじみのないフレーズですよね。

 

ふだんの生活で『情動』ということばを使うことは、まず無いと思います。

 

それから、『感情』という表現に対して「基本的」などと言うこともないでしょう。

 

 

……ですが、心理学が「基本的」や「一次」という表現を使用していることに注目です。

 

つまり、まだ ”その先” があるということです。

言ってみれば、”応用編” ということですね。

 

この先にある感情とは?

 

実は、人間にはもっっと多くの『気持ち』があるのです。

私たちの想像よりもずっと多彩な感情が。

 

 

……さぁ、この先にある『感情』のとびらをひらく時間はありますか?

 

あなたの心に息づくさまざまな「気持ち」を知るために、この階段をのぼる勇気はありますか?

 

準備ができたなら、あなたの “人間らしい” 感情を……この先で見てみることにしましょう。

 

まとめるよっ!

 

【 人間の8大感情 】

1.恐れ  →「怖い…」
2.おどろき →「ビックリしたぁ!」
3.悲しみ →「泣きたいっス…」
4.嫌悪けんお  →「アイツ嫌い」
5.怒り  →「(#゚Д゚)ゴルァ!!」
6.期待  →「きっと〇〇だ!」
7.喜び  →「セ「それ以上いけない」
8.信頼しんらい  →「仲良くなりたい!」

 

今回も読んでくれてありがとっ♡♡

【理論】心理学のキホン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアっ♡♡
あせんとをフォローっ♡♡
コンビニ店員 人間関係とお金を語る

コメント