「自分嫌い」の心理 →「栄養不足」が生み出している!?【『たんぱく質』を摂取すべし】

 

あせんと
あせんと

はいどーも! あせんとです!

 

今回は、
↓下記の結論に沿って お話していきますっ!

 

【「自分じぶんぎらい」の心理は… 】

→「えいよう 不足ぶそく」によってしょうじる!?(゚Д゚)

 

そんじゃっ、
今回の話の ながれは↓下記のとおりですっ!

 

【 今回の話の流れ♡ 】

自分じぶんぎらい」は、「えいよう 不足ぶそく」が原因!?(゚Д゚)

②「自分じぶんぎらい」こころ えいよう問題もんだい

「食生活の改善かいぜん」→「自分じぶんぎらいの克服こくふく

 

それじゃあ今回もいっくよ~~☆☆

 

「自分嫌い」の心理 →「栄養不足」が生み出している!?【『たんぱく質』を摂取すべし】

スポンサーリンク

「自分が嫌い…」の心理 →「栄養 不足」が原因…!?(゚Д゚)

【イラスト】たんぱく質不足

 

さきに結論を言います。

 

自分のことがキライ……。
嫌いで たまらない……

もうイヤだ……。
こんな自分がイヤだ……!!

 

↑上記の男女のような、
「自分嫌い」のこころは「えいよう 不足ぶそく」によって生じています。

 

したがって、
↓以下の「自分がキラいな人の特徴」もまた、「えいよう 不足ぶそく」によって生み出されているということになりますね。

 

【「自分が嫌いな人」の特徴 】
嫉妬しっとしやすい
・自分にイライラしやすい
・自分と他人を比べたがる
・「完璧かんぺき 主義しゅぎ」をやめられない
・自分に自信が持てない
・「長所ちょうしょ」に目を向けられない
・コンプレックスを受け入れられない
・「感情かんじょうのコントロール」ができない…など

 

ほとんどの人は、
「自分が嫌い…」という心理について「本人の心の問題もんだい」だと考えるでしょう。

 

だからこそ、
世の中には↓下記のような「ことばの暴力ぼうりょく」を振りかざす人が後をちません。

 

メンタルの弱さは
「甘え」だろ

気の持ちよう
じゃないかしら?

 

過去に、
わたしも親戚のおじに言われたことがあります。(あのヤロォマジぜってー許さねぇ……(゚Д゚))

 

「自分嫌い」≠「心の問題」

自分嫌い="栄養"の問題

 

……しかし、です。

 

世間せけんの多くの人が、誤解ごかいしていることがあります。

 

それは、
「自分が嫌い……」という心理は、『心』の問題もんだい “ではない” ということ。

 

じつは、
自分じぶんぎらい」は「えいよう 不足ぶそく」の問題もんだいであり、「”適切な” 食生活」によって、改善かいぜんできるものなのです。

 

なので、
世間せけん誤解ごかい」を、かんたんに式でまとめると↓以下のようになりますね。

 

自分じぶんぎら『心』の問題もんだい

 

そして、
正しい等式は↓下記のとおり。

 

自分じぶんぎらい =『えいよう』の問題もんだい

 

『たんぱく質』が、「心の問題」を解決する…!?(゚Д゚)

【イラスト】「高たんぱく質の食事」

 

ちょっとだけ、
専門的な話になりますが、分かりやすく説明しますので、ご容赦ようしゃ(大目にみて)ください。

 

……

 

現代の心理学では、
私たち人間の『こころ』は、『のう』という器官によって、生み出されているらしい……、と実証じっしょうされつつあります。

 

たとえばですが、
『思考』をつかさどっているのうのエリア(領域りょういき)は、おもに『大脳だいのう 』の働きによって生み出されているのだそう。

 

大脳の位置

 

そして、
「好き・嫌い」などの『感情かんじょう』をコントロールしているのは、『へんとうたい』と呼ばれる領域りょういき

 

偏桃体の位置

 

と、このように、
私たちが『心』と呼びしたしんでいる機能きのうは、じつは、「のうのはたらき」によって、生み出されているそうです。

 

 

……そして、
ここからさきが大切なポイント。

 

じつは、
私たちの頭にくっついている『のう』という器官きかんが正しく機能きのうするためには、「えいよう 摂取せっしゅ」が欠かせません。

 

とくに、
『たんぱく質』は、「のうのはたらき」—— ひいては「メンタルの安定」をサポートしてくれるえいようの1つ。

 

【イラスト】「たんぱく質の摂取」を解決策とするイメージ

 

誤解ごかいをおそれずに言うと、
きちんとした「たんぱく質の摂取せっしゅが、あなたの「心の問題もんだい」を解決してくれるのです。

 

「心の安定」を生み出す物質 ——『セロトニン』

セロトニンによるメンタルの安定

 

たとえばですが、
「”良質な” たんぱく質」を もとに合成される、『セロトニン』という物質ぶっしつを見てみましょう。

 

ざっくり言うと、
『セロトニン』とは、私たち人間の「心の安定」をサポートする化学かがく 物質ぶっしつです。

 

人間ヒト脳内のうない」にて活動し、↓これらの「5つのメリット」に役立つのが、『セロトニン』という物質ぶっしつ

 

【『セロトニン』の5つのメリット 】
1. 気分きぶんをリラックスさせる
2.「不安ふあんかん」を取りのぞく
3. 集中しゅうちゅうりょくを高める
4. よく眠れるようになる
5. スッキリ起きられる

 

したがって、
「体内のセロトニンの濃度のうどりょう)」が高まれば、しぜんと、「ネガティブ思考」が減ることが確認されています。

 

そして、
「セロトニンによる心の安定」が実現されると、↓このような順番で、あなたの心に変化が生じていく……。

 

① メンタルの安定化

②「ネガティブ思考」が改善かいぜん

③「自分じぶんぎらい」を克服こくふく!!(゚Д゚)

 

つまり、
自分じぶんぎらい」で悩み、苦しんでいる人ほど、タンパク質をり、「セロトニンの合成・分泌ぶんぴつ」をはかるべきなのです。

 

「自分嫌いの克服」→「心理 療法」が有効 “ではない” !?

心理療法では解決しない

 

自分じぶんぎらい」を克服こくふくするために、
心理しんり 療法りょうほう」—— つまり、「カウンセリング」を受ける場合があります。

 

もちろん、
プロの方に話を聞いてもらうことで↓下記のような体験が得られることもあるでしょう。

 

「自分のことを、
分かってもらえた……!!」
「気持ちが楽になった!!(゚Д゚)」

 

 

……しかし、です。

 

心理カウンセリングが、
自分じぶんぎらいの “根本こんぽん的な” 解決かいけつ」につながるかと言えば……ちょっと疑問です。

 

というのも、
これまでに お話してきたように、私たち人間の『心』は『のう』という器官きかんが生み出しています。

 

そして、
「健全なのうのはたらき」は、「”適切な” えいよう 摂取せっしゅ」によって実現される……。

 

【イラスト】『脳』が刺激されているようす

 

となれば、
批判ひはんをおそれずに言うと、「心理カウンセリング」は、あくまで “一時的な対処たいしょ 療法りょうほう に過ぎません。

 

心理しんり 療法りょうほう」に  “根本こんぽん的な” 解決かいけつを期待してはいけないのです。

 

「”根本的な” 解決」→ 毎日の「栄養 摂取」にあり!!(゚Д゚)

【イラスト】「セロトニンとたんぱく質の摂取」を勧めるようす

 

もちろん、
世の中の人すべてが、カウンセラーさんや私のように、心理学に明るい(よく知っている)わけではありません。

 

したがって、
「心のメンテナンス」をおこなうために、心理しんり 療法りょうほうによるサポートを受ける必要がある人も、いらっしゃるでしょう。

 

 

……ただし、
それでもなお、私は「”根本こんぽん的な” 解決かいけつは、えいよう 摂取せっしゅにあり!!(゚Д゚)」と断言します。

 

なぜなら、
結局のところ、きちんとえいようらないことには、「のう機能きのう」が修正しゅうせい改善かいぜんされることは、ないからです。

 

それゆえ、
えいよう 摂取せっしゅなしに、『こころ』が安定することもまた…ありません。

 

【イラスト】たんぱく質不足の男性

 

いたずらに、
「自分の過去」をほじくり返したり、現状げんじょうこまかく分析ぶんせきしたところで、期待した効果こうかのぞめるかは分かりません。

 

この事実じじつかんがみて(考えて)、
精神せいしん科医かい斎藤さいとう たまき 先生は↓下記のように述べています。

 

いまや精神せいしん 分析ぶんせき心理しんり 療法りょうほう)は、効果こうかうたがわしい「過去の治療法」として、緩慢かんまんな(ゆっくりとした)死をむかえつつある。

 

「自分嫌い」の心理 →「食生活の改善」で解決!!(゚Д゚)

「食生活」の改善

 

えいよう」とは、
言ってみれば心とカラダを作り出す「部品パーツ」です。

 

そして、
「人体」というプラモデルを作り上げるためには、「”良質な” 部品パーツ」を使わなければいけません。

 

そうでなければ、
私たち人間の「心とからだ」は、またたく間に瑞々みずみずしさを失い、もろく(壊れやすく)なってしまいます。

 

その証拠に、
『たんぱく質』や『鉄分(Fe)』などの “部品パーツ” を補填ほてんしないと、↓下記の心理におちいりやすくなるのだとか。

 

些細ささいなことが気になる
・考えが頑固がんこになる
・キレやすくなる

 

くり返すように、
私たちの『心』を生み出しているのは『のう』であり、その “原料もと” となるものは『えいよう』です。

 

それは つまり、
「食生活の改善かいぜんが、あなたの自分じぶんぎらいの克服こくふくへとつながる “最短さいたん 距離きょり” だということ。

 

この点は、
いくら強調しても し過ぎることはありません。

 

【 さいごに 】「自分嫌い」に悩み『栄養』に救われた私。

【イラスト】「筋トレには食事がすべて」

 

かつての私も、
自分じぶんぎらい」に悩み、苦しんでいました。

 

そして、
心のバランスを崩し、カウンセリングのもんを叩いたこともありましたが……改善かいぜんにはいたりませんでした。

 

けれど そのとき、
↓下記の学問を めいっっっっぱい勉強したことが、後々のちのちの「心の安定化」に役立ちます。

 

心理しんりがく   ・精神せいしん
社会しゃかい学   ・社会しゃかい 病理びょうり
のう科学   ・精神せいしん 病理びょうり
生物せいぶつ学   ・栄養えいよう
宗教しゅうきょう学   ・経済けいざい学…など

 

自分じぶんぎらい」で悩み、
苦しんでいる人の多くは「こころの問題もんだい」だと考えています。

 

かつての私も、そうでした。

 

 

……しかし、
ここまで読み すすめてくださった あなたは、もうお分かりかと思います。

 

自分じぶんぎらい」は、「こころの問題もんだい」ではありません

えいよう問題もんだいです。

 

【イラスト】『脳』が栄養によって作られるようす

 

「きちんとしたえいよう 摂取せっしゅ」が、あなたの「安定した心」を作り出し「自分じぶんぎらいの克服こくふく」をサポートするのです。

 

まとめるよっ!

 

【「自分じぶんぎらい」の心理は… 】

→「えいよう 不足ぶそく」によってしょうじている!?(゚Д゚)

 

今回も読んでくれてありがとっ!!(゚Д゚)

 

↓この記事も読むといいかもっ!!

 

「自分がキライでしょうがない……」

 

「自分」を変える
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアっ♡♡
あせんとをフォローっ♡♡
コンビニ店員 人間関係とお金を語る

コメント