「『代謝』『解糖系』とは?」を簡単に分かりやすく解説っ♡【理論】

 

あせんと
あせんと

はいどーも! あせんとです!

 

今回は「『代謝たいしゃ』とは何か?(゚Д゚)」ってのとぉ、「『解糖かいとうけい』とは??(゚Д゚)」について解説するゾっ♡♡

 

結論を言うよっ♡♡

 

代謝metabolismメタボリズム』っつーーのはぁ、「生き物のからだの中で起きる化学かがく 反応はんのう」のことだよっ♡♡

 

化学かがく 反応はんのうってのはぁ、「物質がくっついたり離れたりする現象のこと」だったねっ♡♡

 

んで、「『グルコース(『糖質とうしつ』の1種)』を代謝するからだの領域」のことを、とくに解糖かいとうけいglycolysisグリコーリシスって呼ぶよっ♡♡

 

「”とう” を “” かす(分かいする)“」から、『解糖かいとう 系』ってことだねっ♡♡

 

んだからぁ、まとめると↓みてーーな話になるゾっ♡♡

 

【『代謝たいしゃ』とは??】

→ 生き物のからだの中で起きる『化学 反応』のこと。(例)『消化』『分解』『結合』…など

【『解糖かいとうけい』とは??】

→ 栄養素のなかでも、とくに『グルコース(『糖質とうしつ』の1種)代謝たいしゃするエリアのこと。

 

それじゃあ今回もいっくよ~~☆☆

 

「『代謝』『解糖系』とは?」を簡単に分かりやすく解説っ♡【理論】

スポンサーリンク

『代謝』 = からだのなかで起きる『化学 反応』

代謝たいしゃについて4分で読めます)

代謝=体内で起きる『化学反応』

 

代謝たいしゃというのは、分かりやすく言うと、「生物の体内でおこなわれる化学かがく 反応はんのうのことです。

 

そして、化学かがく 反応はんのう = 物質がくっついたりはなれたりする現象」でしたね。

 

具体的には、↓これらの化学的な現象のことを、『化学かがく 反応はんのう』と呼んでいます。

 

合成ごうせい

→ モノ同士が合わさって、別のモノになる
分解ぶんかい
→ モノ同士がバラバラになる
結合けつごう
→ モノ同士がくっつく
遊離ゆうり
→ モノ同士が結合けつごうせず、離れている
酸化さんか
→ モノと酸素さんそ(O2がくっつく
還元かんげん
→ モノと酸素(O2が離れる
中和ちゅうわ
→ モノ同士が、たがいの性質せいしつを打ち消しあう
還元かんげん
→ モノと酸素(O2が離れる
乳化にゅうか
じり合わないモノ同士が、ざり合う
吸収きゅうしゅう
→ モノを取り込む
加水かすい 分解』
a→ 水(H2O)と反応し、モノ同士がバラバラになる……など

 

そして、化学かがく 反応はんのうが起きているのは、なにも実験じっけん 室のなかだけではありません。(事件は会議かいぎ 室で起きてるんj…

 

化学かがく 反応はんのうは、いま、この瞬間にも、あなたのからだの中で生じています

 

↑これらの化学かがく 反応はんのうが、生き物のからだの中で起きると、生物せいぶつがくではそれを『代謝たいしゃ』と呼ぶのです。

 

【『代謝たいしゃ』とは??】

生き物のからだの中で起きる「化学かがく 反応はんのうのこと。(例)「消化分解結合…」など

体内で起きる化学反応 =『代謝』

 

ちなみに、消化しょうか 器官きかん小腸しょうちょうなど)で『分解』がおこなわれる場合、とくに『消化』と呼ばれます。

 

『代謝』と『”新陳” 代謝』の違いとは??(゚Д゚)

『新陳代謝』=「細胞の入れ替わり」

 

「生き物のからだの中で起きる化学反応」

 

↑このことを、『代謝たいしゃ』と呼ぶのでした。

 

そして、よく勘違いされやすいフレーズとして、『”新陳しんちん” 代謝』があります。

 

じつはコレ、『代謝』ということばが使われていますが、意味はまったく異なるのです。

 

せっかくですから、この場でキチンと把握はあくしちゃいましょう。

 

まず、『”新陳しんちん” 代謝』とは、「古い細胞と、新しい細胞が入れ替わること」を意味するフレーズ。

 

「細胞の入れ替え」とも言えますね。

 

なので、「からだの新陳 代謝をサポート!(゚Д゚)」というキャッチコピーは、「古いものと、新しいものの入れ替わりをうながしますよ~」ということ。

 

イメージ的には、↓このような感じですね。

 

『”新陳しんちん” 代謝』のイメージ)

新陳代謝(古いものと新しいものの入れ替わり)のイメージ

 

代謝と『”基礎” 代謝』の違いとは??(゚Д゚)

基礎代謝=何もしなくれも消費されるエネルギー

 

『”新陳” 代謝』と並んで、誤解を受けやすいフレーズがもう1つあります。

 

それが、『”基礎きそ” 代謝』です。

 

『”基礎” 代謝』とは、分かりやすく言うと、「全くからだを動かさなくても、1日に消費されるエネルギー」のこと。

 

なので、極端なことを言うと、ベッドでごろごろしているだけでも、人間のからだは大量のエネルギーを使うのです。

もちろん、睡眠すいみんの間にも。

 

睡眠中にエネルギー消費が行なわれるようす

 

というのも、私たちがおこなっている「呼吸・体温維持・臓器や筋肉のはたらき…」などといった生命 活動は、じつは、すべて化学 反応によるもの。

 

なので、「人体は、化学 反応(代謝)によって動いている」と言っても、けっして間違いではありません。

 

つまり、体内で代謝たいしゃ』という化学 反応が生じる結果として、消費されるエネルギーが『”基礎きそ” 代謝』なのです。

 

なので、『”基礎きそ” 代謝』を分かりやすく言うと、

 

あせんと
あせんと

1日につき、
からだの中では
これくらいの代謝たいしゃ
起きてる
んですよ~(゚Д゚)

あせんと
あせんと

そのときに、
エネルギーをこれくらい
使うんですよ~(゚Д゚)

 

↑このようにまとめられます。

 

ちなみに、男女それぞれの『”基礎きそ” 代謝』は、だ~~いたい↓このくらいだと言われています。

 

男性 → 約1,00kcal

女性 → 約1,00kcal

 

「糖質の代謝」のメカニズム(仕組み)

糖質→グルコース(ブドウ糖)→エネルギー

 

それでは、体内で起きる『代謝』を見ていくために、3大 栄養素の1つである『糖質』に登場してもらいましょう。

 

糖質は、私たち人間にとって、「エネルギー源」となる栄養素です。

 

具体的には、↓これらの活動をするときに、体内にある「エネルギー」が使われています。

 

エネルギーを使うからだの活動→仕事、家事、趣味、遊び…など

 

例えばですが、あなたがご飯を食べるとき。

 

そのご飯のなかに含まれる『糖質』は、口のなかに入れたあと、体内をめぐり巡って、最終的に「エネルギー」として利用されます。

 

 

……けれど、『糖質』は、そのままの状態では、「エネルギー」として活躍できません。

 

『グルコース(ブドウ糖)』と呼ばれる、「糖質の “もっとも小さい単位”」まで分解(消化)される必要があります。

 

からだの中に摂り入れられた糖質は、『グルコース(ブドウ糖)』まで小さくなって初めて、「エネルギー」の “材料” となるのです。

 

糖質のエネルギー生産プロセス(過程)

 

『解糖系』—— グルコースを「エネルギー」へと変える “入口”

解糖かいとうけいについて8分で読めます)

解糖系=エネルギー代謝の"入口"

 

そして、グルコース(ブドウ糖)を「エネルギー」へと変えるときに活躍するのが、細胞のなかにある解糖かいとうけいです。

 

 

……少し、お時間よろしいでしょうか。

私、今からドヤァ☆します(´・ω・)

 

解糖かいとうけい』とは、人間の細胞 —— その中にある細胞さいぼうしつ 器質きしつでおこなわれる「糖 代謝の生体 機構」のこと。

 

私たち人間が利用する「エネルギー」。

 

この「エネルギー」を生産するための、いちばん最初の “入り口” が『解糖かいとうけいなのです。

 

 

 

 

……はい。

私のドヤァ☆に付き合いきれなかった99.9%のユーザーさまのために、分かりやすく解説していきます(´・ω・)

 

 

解糖かいとうけい』について理解するためには、2つのキーワードが重要となります。

 

それが、細胞さいぼうしつ 器質きしつ『ATP(アデノシン三リン酸)です。

それでは、参りましょう。

 

『細胞質 器質』→80%が「水(H2O)」でできている、細胞 組織の一部。

細胞質 器質の場所をしめした図

 

私たちのからだを形づくっている、あらゆる組織そしきの “最小 単位” —— それが、『細胞さいぼう』。

 

『細胞』は、じつにフクザツな構造をしていますが、今回、取り上げるのは、細胞の中にある細胞さいぼうしつ 器質きしつです。

 

細胞さいぼうしつ 器質きしつ』とは、おもに「水(H2O)」で構成されている、細胞のなかにある一部の組織そしきのこと

 

細胞さいぼうしつ 器質きしつには、↓このようにいろいろな呼び名がありますが、意味はおなじなので、どれでもおkです。

 

細胞さいぼうしつ 器質きしつ
・細胞 礎質きしつ
・細胞質 ゾル
・サイトゾル
・シトソール…など

 

ちなみに、細胞さいぼうしつ 器質きしつは、なんと、80%が「水(H2O)」で構成される組織です。

水分でひったひたですねぇ。

 

『酵素』が、グルコースを「エネルギー」に変換!!(゚Д゚)

酵素の役割=化学反応のサポート

 

細胞さいぼうしつ 器質きしつは、80%くらいが「水(H2O)」でひったひたになっている組織。

 

ただし、細胞さいぼうしつ 器質きしつには、「化学 反応をサポートする物質」——『酵素こうそ』も含まれています

水(H2O)といっしょに。

 

 

……おや?

またもや、『化学 反応』というフレーズが出てきましたね。

 

結論を言ってしまいますが、この酵素こうそこそが、解糖かいとうけい』の正体であり、「グルコースをエネルギーへと変える “仕組み”」です。

 

『酵素』とは、分かりやすく言うと、「『代謝たいしゃ(化学 反応)』をサポートする物質」のこと。

 

私たちのからだで起きる化学 反応が、より活発におこなわれるように、助けてくれるのです。

 

「酵素の働き」のイメージ)

体内で起きる化学反応 =『代謝』

 

『解糖系』= グルコースを分解するエリア(領域)

解糖系=グルコース分解の処理場

 

からだの中に摂り入れられた『糖質』は、↓このようなルート(経路)をたどります。

 

① 体内で『グルコース』へと分解

② グルコースが『細胞』へと送られる

③『細胞さいぼうしつ 器質きしつ』に入っていく

④ グルコースが『酵素』の働きによって、さらに分解されていく ←『解糖かいとうけい』はココ

 

細胞さいぼうしつ 器質きしつにふくまれる『酵素』のはたらきによって、グルコースはさらにバラバラにされていきます。

 

そして、細胞のなかでも、「グルコースをバラバラにする」という機能を持つエリア(領域)のことを、『解糖かいとうけい』と呼んでいる。

 

なので、ここまでの話は、↓このようにまとめられますね。

 

【『解糖かいとうけい』とは??】

『グルコース(ブドウ糖)』を、さらに小さく分解する酵素を持つ、細胞さいぼうしつ 器質きしつに存在するエリアのこと。

 

『解糖系』は、あくまで “入口” !?(゚Д゚)

解糖系=エネルギー代謝の"入口"

 

「グルコースを分解するエリア(領域)

それが、解糖かいとうけいです。

 

 

……ですが、解糖かいとうけいにて、グルコース(ブドウ糖)が さらに細かく分解されたからといって、「エネルギー」が生まれるわけではありません。

 

解糖かいとうけいは、あくまでも、「エネルギー」を作るための “入口” に過ぎない

 

というのも、「エネルギーの生産」をおこなうには、↓こちらの3つのルートをたどる必要があるのです。

 

①『解糖かいとうけい

②『クエンさん 回路かいろ

③『電子でんし 伝達でんたつ系』

 

……『解糖かいとうけい』のほかにも、まだ2つのエリア(領域)がありますね?

 

くわしくは省略しょうりゃくしますが、のこりの2つのルート(経路)て初めて、「エネルギー」が作られるのです。

 

『解糖系』=「エネルギー生産の “はじめの一歩”」!!(゚Д゚)

エネルギー生産のファーストステップ

 

解糖かいとうけい』では、エネルギーを作るために、「グルコース糖質とうしつの1種)の分解」が行なわれます。

 

私たち人間の、あらゆる活動に利用される「エネルギー」。

 

この「エネルギー」のカギを握っているのが、『ATP(アデノシンさんリンさんという物質です。

 

くわしくは↓コチラの記事でお話していますが、ATPとは、「エネルギーの “保管庫”」のこと。

 

グルコースをもとにして作られた「エネルギー」を保管し、必要なときに利用するための “容器” のようなものです。

 

なにをかくそう、『解糖かいとうけい』における「グルコースの分解」は、この『ATP(アデノシンさんリンさん』を生産するために行われるのです。

 

つまり、解糖かいとうけい』は、「エネルギー生産(ATP生産)の “はじめの一歩”」なのです。

 

「グルコースの分解」で生まれる物質 ——『ピルビン酸』

グルコースの分解から生まれる物質→『ピルビン酸』

 

解糖かいとうけいでは、「エネルギーの “保管庫”」——『ATP(アデノシンさんリンさん』は合成されません。

 

あくまで、「グルコースの分解」をおこなうだけです。

 

そして、解糖かいとうけいにて分解されたグルコース糖質とうしつの1種)は、『ピルビン酸』と呼ばれる物質へと、形を変えます

 

イメージ的には、↓このような感じですね。

 

ピルビン酸の生産過程

 

『ピルビン酸』は、「炭素たんそ原子げんし3つ + 水素すいそ原子4つ + 酸素さんそ原子3つ」によって構成される化学 物質です。

 

化学式で示すと、↓このようになります。

 

ピルビン酸 → C3H4O3

 

『ピルビン酸』こそが、『ATP(アデノシン三リン酸)』の “材料”!!(゚Д゚)

ATP(アデノシン三リン酸)を生み出す『ピルビン酸』

 

ピルビン酸は、次の『クエンさん 回路かいろ』と呼ばれるエリア(領域)にて、さらに細かく分解されます。

 

 

……なんだか、分解してばかりですね(´・ω・)

まぁ、それはともかく。

 

そして、クエンさん 回路かいろにて、ピルビン酸が分解されることで初めて、『ATP(アデノシンさんリンさん』が合成され、「エネルギー」が生まれます。

 

なので、順番的には↓このようになりますね。

 

①『解糖系』にてグルコースが分解

②『ピルビン酸』が生じる

③ピルビン酸が『クエンさん 回路かいろ』へ

④『ATP(アデノシンさんリンさん』が合成され、初めての「エネルギー」が作られる

 

 

……ただ、これ以上の話をすると、『解糖かいとうけい』から脱線してしまうので、控えておきます。

 

ともあれ、『解糖かいとうけい』は、↓このような機能を持つエリア(領域)なんだということだけ、ご記憶くださいね。

 

【『解糖かいとうけい』とは??】

→ 栄養素のなかでも、とくに『グルコース(『糖質とうしつ』の1種)代謝たいしゃするエリアのこと。

 

まとめるよっ!

 

【『代謝たいしゃ』とは??】

→ 生き物のからだの中で起きる『化学 反応』のこと。(例)『消化』『分解』『結合』…など

【『解糖かいとうけい』とは??】

→ 栄養素のなかでも、とくに『グルコース(『糖質とうしつ』の1種)代謝たいしゃするエリアのこと。

 

今回も読んでくれてありがとっ♡♡

【理論】生物学のキホン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアっ♡♡
あせんとをフォローっ♡♡
コンビニ店員 人間関係とお金を語る

コメント