「中立的な立場の人」→ 人間関係における「透明人間」のようなもの!?【論理的に解説】

 

あせんと
あせんと

はいどーも! あせんとです!

 

今回は、
↓この結論に沿って話していきますっ!

 

【「中立的な立場の人」は…】

「なにも言っていない」のと同じ。人間 関係における「透明人間」

 

それじゃあ今回もいっくぞ~~っ!!(゚Д゚)

 

「中立的な立場の人」→ 人間関係における「透明人間」のようなもの!?【論理的に解説】

スポンサーリンク

人間関係での「中立的な立場」は、必ず失敗する。

人間関係における「中立性」はかならず失敗する

 

さきに結論だけを言います。

 

人間関係において、「中立的な立場」を取ろうとすると、かならず失敗します

絶対に、です。

 

私がこのように断言だん げんする(ハッキリと言う)根拠を、これからお話していこうと思います。

 

例えばですが、

 

朝はパン派なんだよね

 

お前、分かってないな
白米だよ。白米が絶対だ。

 

↑このような会話をしてる男性たちがいるとします。

 

このとき、↓コチラの「A or B?」という2つの選択肢が存在することになりますね。

 

A. 朝はパン

B. 朝は白米(ごはん)

 

……さて。

ここで1つ、あなたに質問させてください。

 

↓コチラの男女が、3人目として「A. パン or B. 白米」の会話に混ざるとしたら、どちらの意見がまっとうだと思いますか?

 

どちらにも良いところは
あるからさ…

私はパスタ以外ありえない

 

ちなみに、『意見』というのは、↓コチラの太字の部分にあるように、「自分の思うところをべること」です。

 

い‐けん【意見】の意味

名](スル)
 1 ある問題に対する主張・考え。心に思うところ。「意見を述べる」「意見が分かれる」「少数意見」「賛成意見」
 2 自分の思うところを述べて、人の過ちをいさめること。異見。「同郷の先輩が意見する」
———goo辞書から引用
太字は当ブログの筆者によるもの)

 

この「自分の思うところを述べて~…」をまえたうえで、もう一度おうかがいします。

 

どっちにも良いところは
あるからさ…

私はパスタ以外ありえない

 

↑コチラの男女の答えで、あなたは、どちらが意見としてまっとうだと感じるでしょうか?

 

「中立的な立場」= 意見をまとめる “調停役”…!?

中立的な立場=調停役

 

私から言わせれば、

 

どっちにも良いところは
あるからさ…

 

↑この男性が口にしているのは、意見 “ではありません”

 

コチラの男性が言っているのは、A という意見も分かるし、B という意見も理解できるということですね。

 

「パンもいいし、ごはん(白米)もいいよね」というのは、それぞれの主張に「同調」しているだけで、意見を言っているわけではないのです。

 

分かりやすくするために、「A. パン派 or B. ごはん派」のそれぞれの意見を、1対1の会話で見てみましょう。

 

意見A

朝はパンじゃなきゃダメ!

朝はやっぱり、
パンが1番だよね!

 

意見B

お前、分かってないな…
白米だ。ごはんが絶対だ

「朝に食べるごはんこそ
日本人!」って感じ
だよね!

 

……どうでしょうか?

 

多少、おおげさに表現していますが、この「キミの意見は分かるよ」と口にする男性がやっていることは、はたして「中立的」なのでしょうか?

 

 

……違いますよね。

 

この男性がやっていることは、「相手への同調」です。

 

自分の意見を言うのでもなければ、どちらかの立場に寄りそうわけでもありません。

 

つまり、
この男性は “「中立的な立場」を取っていない” のです。

 

そもそも、人間関係において、「中立的な立場」とは、「自分の意見を言えない立場を取ること」を意味します。

 

それはつまり、中立的な立場を取ることには、「 意見を言わない『調停役』にてっすること」が要求されるのです

 

「中立的な立場の人」——『調停役』は、自分の意見を言ってはいけない…!?

調停役は意見を言えない

 

もう1つ、例を見てみましょう。

 

朝はパン派なんだよね

 

お前、分かってないな
白米だよ。白米が絶対だ。

 

↑この2人の意見に対して、さきほどは「同調」していた男性が、今度は「中立的な立場」をまっとうします。

 

それが、↓コチラです。

 

パンには「食べやすさ」という
メリットがあって、
白米は「栄養えいようが高い」のが
とても良いよね

パンと白米の
それぞれのメリットを
踏まえたうえで、
2人はどう思うかな?

 

……いかがでしょうか?

 

これが、人間関係における「中立的な立場」です。

 

「A. パン or B. 白米」という、異なる意見のそれぞれのメリットをハッキリさせたうえで、「キミたちはどう感じる?」と投げかけていますね。

 

そもそも、『中立』には、「どちらの立場も取らない」という意味があります

 

「どちらの味方になること」もなく、また、「どちらに敵対すること」もない。
その立場を、『中立』と言います。

 

つまり、
中立的な立場の人は、「自分の意見」を言ってはいけないのです

 

なぜなら、
意見を口にしてしまうと、中立ではなくなってしまうのですから

 

人間関係では、「中立的な人」は必要とされない!?

人間関係において、中立性は必要ない

 

人間関係では、基本的に「どの立場から発言しているか?」ということが求められます。

 

「あなたはどう思う?」や、「あなたはどう感じた?」という、「あなたの意見」が、なによりも大切なのです

 

この点を踏まえて言うと、

 

どっちにも良いところは
あるからさ…

 

↑コチラの男性には、「自分の意見」がありませんね。

 

この男性がやってることは、「相手への同調』なのですから。

 

 

……しかし、「相手に同調する」というのは、「何も言っていない」のと同じです。

 

人間関係というのは、どの立場の人にも “良い顔” をする、いわゆる「八方美人」には厳しいものです。

 

だれしも、「八方美人は嫌われる」というフレーズを、一度は聞いたことがあるでしょう。

 

これを分かりやすく説明するために、さきほどの「A. パン派 or B. ごはん派」の話を、もう1度見てみましょう。

 

a意見A

朝はパンじゃなきゃダメ!

朝はやっぱり、
パンが1番だよね!

 

a意見B

お前、分かってないな…
白米だ。ごはんが絶対だ

「朝に食べるごはんこそ
日本人!」って感じ
だよね!

 

↑この「相手への同調」をくり返す男性が、このあとに言われるであろうフレーズは、目に見えています。

 

それが、↓コチラです。

 

…キミはどっちの味方なの?

キミは結局、
何が言いたいの?

 

↑この男性たちは、あくまでも中立的な立場でいようとする男性に、すこしばかりご立腹りっぷくです。

 

そして、なぜ腹を立てているのかと言えば、その理由はシンプルです。

 

「だれかに嫌われるリスク」を背負おうともせずに、”みんなにいい顔” を取り続けているからです。

 

これが、「人間関係で中立的な立場をとろうとすると、必ず失敗する」の根拠です。

 

人間関係において、中立的な人 ——「透明人間」はいらない。

透明人間は必要ない!

 

だれかの意見に同意すること ——「中立ではない、べつの立場を取ること」。

 

それから、「自分の意見をもつこと」が、人間関係では要求されます。

 

それはつまり、人間関係において、どの立場も取らない人 ——「透明 人間」は求められていないということです。

 

だからこそ、「八方美人は嫌われる」のですね。

 

 

……では、「中立的な人」が求められるのは、どのようなシーン(場面)でしょうか?

 

それは例えば、「議論」や「ビジネス」のような場面です。

 

それは、それぞれの舞台には、しっかりとした「目的」があるからです。

 

たとえばですが、ビジネスをする目的は、「利益を上げて社会に貢献すること」ですよね。

 

であれば、

 

私はAという案のほうが
利益が見込めると思います

私はB案のほうが
ユーザーのために
なると考えます!

 

↑コチラの男女に対して、

 

上司
上司

Aには〇〇という利点があり
Bのメリットは□□だな

上司
上司

これらを踏まえたうえで
話を進めていこう

 

↑この上司は、「中立的な立場」——『調停役』として、意見をまとめています。

 

このような人がいると、より建設的な話し合いができるようになりますよね。

 

2つの意見のメリットを踏まえたうえで、「よりユーザーに喜んでもらうためにはどうすべきか?」を話せます。

 

「利益を上げて社会に貢献すること」という目的を達成するために。

 

「中立的な人」が活躍するのは、このような場面です。

 

「中立ではないあなた」が人間関係では求められている。

あなたの意見をきかせて!

 

その一方で、「人間関係の目的」とは、いったいなんでしょうか?

 

私なりの答えの1つは「目の前の人と仲良くなること」です。

 

目のまえの人と仲良くなり、たのしい時間をシェア(共有)することです。

 

であるなら「自分の意見を持たない人」は、この目的と合致がっちしません。

 

「中立的な立場を取ること」は、人間関係においては、「みんなに “いい顔” をする」ということです。

 

嫌われるリスクを背負うこともなく、「意見A」があれば、そこに同調し、べつの「意見B」がでてくれば、そこにも同意します。

 

「自分の意見」を言えば、だれかに嫌われるかもしれませんから。

 

嫌われるのは怖いですよね。

私だって同じです。

 

 

……でも、それでもいいじゃありませんか。

 

少なくとも私は、勇気をもって、自分の意見を言う人のほうが好きです。

 

たとえば私は、「自分すげーーんスよww」と、しきりにアピールしたがる人はイヤです

 

この「自分すごいアピールをしたがる人はイヤ」という立場を取れば、その人たちからは嫌われるかもしれません。

 

批判され、「アンタの意見は間違ってる!」と攻撃されるかもしれません。

 

 

……でも、それでいいんです。

 

なぜなら、人間関係に「中立的な立場の人」——「透明 人間」は “いらない” のですから。

 

中立的になる必要はありません。

 

人間関係で求められているのは、ほかの誰でもない「わたし自身」であり、「あなた自身」なのですから。

 

まとめるよっ!

 

【「中立的な立場の人」は…】

「なにも言っていない」のと同じ。人間 関係における「透明人間」

 

今回はここまで!

 

「よい対人 関係」を築くために……【 参考 書籍 】

 

1000さつ 以上の本を読んできた私が、「人間 関係についての “バイブル”」と考えている書籍しょせきが↓コチラ。

めっっちゃオススメです!!(゚Д゚)

 

↓コチラは、学問的に「対人 関係」を とらえた本。

日本の最高さいこうほう ——東京とうきょう 大学だいがくから出版しゅっぱんされている書籍しょせきなので、内容も信頼しんらいせいもバツグンです!!(゚Д゚)

 

〇人間関係と心
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアっ♡♡
あせんとをフォローっ♡♡
コンビニ店員 人間関係とお金を語る

コメント