「セロトニンとは何か?」を簡単に分かりやすく解説っ【神経伝達物質】

 

あせんと
あせんと

はいどーも! あせんとです!

 

今回は、
↓この結論に沿って話していきますっ!

 

【『セロトニン』とは?? 】

→「メンタル バランスの調整ちょうせいやく」として活動する化学かがく 物質ぶっしつのこと。

 

そんだらば、
今回のまとめは↓こ~~んな感じ~~っ!!

 

【『セロトニンの8つの働き 】
メリット(じゅぶんな分泌ぶんぴつ
1. 気分が落ちつく
2.「不安ふあんかん」を取りのぞく
3. 集中しゅうちゅうりょくを高める
4. スッキリ起きられる
5. よく眠れるようになる
デメリット(分泌ぶんぴつ 不足ぶそく
6. ガマンができなくなる
7. 性欲せいよくがめっっちゃ強くなる
8.「食べ過ぎ」を止められない

 

それじゃあ今回もいっくぞ~~っ!!(゚Д゚)

 

「セロトニンとは何か?」を簡単に分かりやすく解説っ【神経伝達物質】

スポンサーリンク

『神経 伝達物質』とは何か? → 2分で解説!

神経伝達物質=情報の伝達役

 

セロトニンの説明に入るまえに、
「『神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつ』とは何か??」について、おさらいさせてください。

 

神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつ』とは、
↓このような化学かがく 物質ぶっしつのことでしたね。

 

人間ヒト脳内のうないで、
情報じょうほう運搬うんぱんやく』として
活動かつどうする物質ぶっしつ

 

そして、
ここで言う『情報じょうほう』とは —— すなわち「人のこころ」。

 

↓コチラにしめすように、
あらゆる「こころの機能きのう」を『情報じょうほう』として運んでいるのが『神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつ』なのです。

 

【『情報じょうほう(心の機能きのう)』の一覧いちらん

感情かんじょう
思考しこう
記憶きおく
経験けいけん
理性りせい
意識いしき
感覚かんかく五感ごかん
言語げんご
理解りかい…など

 

神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつは、
↑これらの情報じょうほうを「運ぶ」ことで「人のこころ」を生み出すことにつとめています。

 

 

……つまり、です。

 

誤解ごかいをおそれずに言うと、
神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつ』とは、「人のこころ」を作り出す物質ぶっしつの1しゅということになりますね。

 

神経 伝達物質 =「運搬」 神経 細胞 =「伝達」

神経伝達物質→運搬 神経細胞→伝達

 

そして、
神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつあわせて(いっしょに)考えたいのが神経しんけい 細胞さいぼうneuニューronロン)』という組織そしきについてです。

 

ざっくりいうと、
神経しんけい 細胞さいぼう』とは脳内のうないにて「あらゆる情報じょうほうを伝える細胞さいぼうのこと。

 

神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつが持ってきた情報じょうほうを受けとり、のうに「伝える」ことで、私たちの『こころ』が生まれます。

 

つまり、
「人のこころ」とは『神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつ』と『神経しんけい 細胞さいぼう』コンビネーションによって生み出されるもの。

 

イメージとしては、
↓このような感じですね。

 

神経伝達物質が脳内で神経細胞へ情報を伝達している様子

 

さいごに、
それぞれの役割は、↓このようにまとめられます。

 

神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつ』 ← 本日の主役☆

情報じょうほうの『運搬うんぱんやく

 

神経しんけい 細胞さいぼう

→ 情報の『伝達でんたつやく

 

『セロトニン』→「心の安定」をコントロールする物質

セロトニンによるメンタルの安定

 

それでは、
ここからさきは、神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつとしてのセロトニンの活動」について、フォーカス(焦点しょうてんを当てて)いきましょう。

 

『セロトニン(serotonin)』は、
「メンタル バランスの調整ちょうせいやくとして はたらく神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつの1種です。

 

したがって、
「”適切な” セロトニンの合成・分泌ぶんぴつ」が実現できれば、メンタルが安定していきます。

 

「セロトニンの分泌」によるメンタルの安定

 

そして、
「心の安定」をコントロール(管理)するセロトニンですが、その働きは、いくつかのタイプに分かれているのだそう。

 

まとめると、
↓コチラのように「8タイプの働き」に分類ぶんるいできます。

 

【『セロトニンの8つの働き 】
メリット(じゅぶんな分泌ぶんぴつ
1. 気分が落ちつく
2.「不安ふあんかん」を取りのぞく
3. 集中しゅうちゅうりょくを高める
4. スッキリ起きられる
5. よく眠れるようになる
デメリット(分泌ぶんぴつ 不足ぶそく
6. ガマンができなくなる
7. 性欲せいよくがめっっちゃ強くなる
8.「食べ過ぎ」を止められない

 

まずは、
↑このなかの1つから、「① 気分の落ちつき」について、見てみましょう。

 

『セロトニン』の特徴 ① →「気分の落ちつき」

セロトニンによる「気分の落ちつき」

 

「① 気分の落ちつき」は、
セロトニンが『自律じりつ 神経しんけい』のはたらきを調節ちょうせつすることで、実現されます。

 

自律じりつ 神経しんけい』とは、
興奮こうふん」と「落ち着き」をコントロールする、2つの組織そしきをあわせた神経しんけいのこと。

 

かんたんにまとめると、
↓このようになります。

 

【『自律じりつ 神経しんけい』の働き 】

・『交感こうかん 神経しんけい

→「興奮こうふん」をコントロール

・『ふく 交感こうかん神経しんけい

→「落ち着きリラックス」をコントロール

 

よく世間せけんでは、
ニュース記事や TV などで、「自律じりつ 神経しんけいみだれが~……」と言われることがありますね。

 

この「自律じりつ 神経しんけいの乱れ」—— ひいては、「気分の不安定さ」を引き起こす理由の1つは、「セロトニン不足」。

 

自律じりつ 神経しんけいの “調整ちょうせいやく” 」として
はたら物質ぶっしつ ——『セロトニン』が
足りなくなること

 

↑これが、
興奮こうふん交感こうかん 神経しんけい)」と「落ち着きふく 交感こうかん神経しんけい)」のバランスをおかしくさせ、気分の不安定さを生むのです。

 

逆に、
しっかりとセロトニンを合成・分泌ぶんぴつさせることは、「① 気分の落ちつき」をサポートし、メンタルの安定に役立ちます。

 

セロトニンの特徴 ② →「不安感」を取り除く

セロトニンの分泌が促進されるようす

 

「① 気分の落ちつき」と おなじような考えで理解りかいできるのが、「② 不安ふあんかん軽減けいげんです。

 

たとえばですが、

 

ビジネスマン
ビジネスマン

明日のプレゼン、
大丈夫かなぁ…
上手くできるかな…?

女子高生
女子高生

今日の期末テスト…
勉強はしたけど、
とっても不安だわ…

 

↑コチラの男女のように、
緊張きんちょうするシチュエーション」では、私たち人間は、「不安」という感情かんじょうを おぼえます。

 

そして、
この「不安ふあんかん」を減らし、「心の安定」をサポートしてくれるものまた、『セロトニン』の働きによるもの。

 

脳内のうないのセロトニンが、
自律じりつ 神経しんけいのバランス調整ちょうせい」をおこなうことによって、「② 不安ふあんかん軽減けいげん」が、実現されるのです。

 

したがって、

 

なんかこの頃、
気分が落ち着かない……。

ちょっとの物音で
ビックリする
わ……。

 

↑コチラの男女は、
おそらく、「セロトニン不足」が生じているものと思われます。

 

自律じりつ 神経しんけいの乱れ」には、
「セロトニンの合成・分泌ぶんぴつ 不足」が、大いに関係していますからね。

 

セロトニンの特徴 ③ →「集中力」を高める

セロトニンの分泌による「集中力のアップ」

 

セロトニンの分泌ぶんぴつは、
「③ 集中しゅうちゅうりょくのアップ」をもたらします。

 

そして、
やはり ここでも関係しているのが、「自律じりつ 神経しんけいのバランス調整ちょうせい」です。

 

交感こうかん 神経しんけい興奮こうふん)」と
ふく 交感こうかん神経しんけい落ち着き)」の
バランスを保つこと。

 

セロトニンの働きによって、
↑このような「バランス調整ちょうせい」が行なわれることで、「③ 集中しゅうちゅうりょくの向上」が実現されます。

 

 

……ところで、
色彩しきさい 心理しんりがくによると、あお』という色は、↓このような効果をもつそうです。

 

集中しゅうちゅうりょくを高め、落ちつきを与える」

 

じつは↑コレ、
「セロトニンの分泌ぶんぴつ」が関係しています。

 

なぜかは分かりませんが、
人間ヒトは『青色ブルー』をみると、セロトニンの分泌ぶんぴつがうながされる」ということが分かっているのです。

 

したがって、
「もっと集中したい!」というときほど、「青色あおいろのアイテム」を用意することで、セロトニンの分泌ぶんぴつが期待できますね。

 

『色』——『色彩カラー』によって、
神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつ(セロトニン)の分泌ぶんぴつ りょう」が変わる……。

なんとも、不思議です。

 

セロトニンの特徴 ④ → スッキリ起きられる!

セロトニンで目覚めパッチリ☆

 

『セロトニン』は、
「④ スッキリとした起床きしょうに役立つ物質ぶっしつでもあります。

 

とくに、
朝 起きたら、「しっかりと日光を浴びること」が、「セロトニンの分泌ぶんぴつ」をうながします。

 

じつは、
朝日あさひ」というのは、「セロトニンの分泌ぶんぴつ」をサポートするための “スイッチ” なのです。

 

「朝日」を浴びるようす

 

したがって、
10~15分くらいの時間でも OK ですので、1日の始まりには、天然てんねんの光をびることをオススメします。

 

日中にセロトニンが しっかりと分泌ぶんぴつされると、自律じりつ 神経しんけいが安定し、仕事や勉強に集中しゅうちゅうできるようになりますよ。

 

なので、
分かりやすくまとめると、↓このようになりますね。

 

①「朝日あさひ」をびる

②『セロトニン』が分泌ぶんぴつ

③「気持ちの良い起床きしょう」に!→(集中しゅうちゅうりょくの UP!!)

 

わたしも毎日、
SunサンPowerパワー でセロトニンのサポートを受けていますので、朝は超絶ちょうぜつ快適かいてきです!!!!(゚Д゚)

 

セロトニンの特徴 ⑤ →「快適な睡眠」をサポート!

『メラトニン』による、快適な睡眠生活

 

あせんと
あせんと

Zzz…

 

あせんと
あせんと

Zzz……

 

あせんと
あせんと

Zz……。
……ハッ!!?!(゚Д゚)

 

……すみません。

 

どうやら私は、
『セロトニン』を “原料げんりょう” として合成される物質ぶっしつ ——『メラトニン』の分泌ぶんぴつにより、心地よい眠りに落ちていたもよう。

 

たいへん失礼いたしましたm(_ _)m

 

 

……と、このように、
「質の良い睡眠すいみん」をおくるためには、セロトニンをもとに合成される物質ぶっしつ ——『メラトニン』の働きがかせません。

 

そして、
『メラトニン』という化学かがく 物質ぶっしつの はたらきは、
↓コチラにあるとおりです。

 

【『メラトニン』の働き 】

ねむり」をさそい、熟睡じゅくすいをサポートする。

 

したがって、
「日中にしっかりとセロトニンを分泌ぶんぴつさせること」が、夕方 ~ 夜にかけての「メラトニンの合成」に役立ちます。

 

つまり それは、
↓このようなサイクル(循環じゅんかん)を生むことが、私たちの「快適な睡眠すいみん 生活」に つながるということ。

 

『セロトニン』と『メラトニン』の循環

 

つまり、
「質の良い睡眠すいみん」には、『セロトニン』と『メラトニン』のコンビネーションが欠かせないのです。

 

セロトニンの特徴 ⑥ →「ガマン弱く」なる

「セロトニン不足」で怒りっぽくなるようす

 

ここからは、
そく面」——「セロトニン “不足ぶそく“」によるデメリットを見ていきましょう。

 

じつは、
現代 日本人の多くが、「セロトニン不足」に陥っているのではないか……、と危惧されて(恐れられて)います。

 

まずお伝えしたいのは、
体内のセロトニンが足りなくなることで、感情かんじょうコントロールができなくなる」ということ。

 

かんたんに言うと、
「⑥ ガマン弱くなる」のです。

 

ここにも関係しているのは、
やはり、『自律じりつ 神経しんけい』です。

 

くり返すように、
『セロトニン』というのは、「自律じりつ 神経しんけいのはたらきを調節ちょうせつする物質ぶっしつ」なのでしたね。

 

したがって、
「セロトニン不足 = 自律じりつ 神経しんけいの乱れ」となり、脳内のうないでの『思考しこう』や『感情かんじょう』などの心の機能きのうに、あく 影響えいきょうを与えます。

 

ところで最近、
↓これらの問題がチラホラ話題にのぼることがありますね。

 

子どものキレやすさ
老人ろうじんの怒りっぽさ

 

その原因の1つとして、
「セロトニンの合成が足りていないから」ではないか……、と言われています。

 

「セロトニン不足」が、
『怒り』の感情かんじょうをガマンできなくさせている、ということですね。。(゚Д゚)

 

セロトニンの特徴 ⑦ →「性欲」の増大

セロトニン不足の女性が、男性を追いかけるようす

 

「セロトニン不足」は、
「⑦ 性欲せいよくの増大」にもつながります。

 

性欲せいよく」それ自体は、
人間ヒト本能ほんのう」であり、生存せいぞん繁殖はんしょく(子どもを産むこと)につながる、根源こんげん的な欲求よっきゅうですよね。

 

なので、
「”適度に” 性欲せいよくがある(強い)こと」は、健全けんぜんに『こころ』がそだっている証拠しょうこです。

 

 

……しかし、です。

 

さきほども お話したように、
「セロトニン不足」は、「感情かんじょうのコントロール不全ふぜん」を引き起こします。

 

かんたんに言うと、
「ガマン弱くなる」のでしたね。

 

つまり、
この状態で「性欲せいよく」が強くなると、端的たんてきに言って、「相手への思いやりがないセッ… 配偶はいぐう 行動こうどうにつながります。

 

したがって、

 

性欲せいよくを解消させたい!!!!!!!!!!!!!

 

↑この1点だけにとらわれ、
「相手の気持ち」を思いやることに欠けた、自分じぶん 本位ほんいな行動におちいってしまいます。

 

なんとも、
恐ろしいことです……。。(゚Д゚)

 

セロトニンの特徴 ⑧ →「食べ過ぎ」を止められない

セロトニン不足により、「ジャンクフード」を欲するようす

 

「セロトニン不足」は、
食欲しょくよく」にまで影響えいきょうをおよぼします。

 

さきに結論をいうと、
「セロトニン不足」によって、過食かしょく」——「⑧ “食べ過ぎ” を止められなくなる」のです。

 

とくに、
↓これらの「ジャンクフード系の食品」を、たくさん食べるようになります。

 

・甘いケーキ
・チョコレート
・フライド ポテト…など

 

これは、
炭水たんすい 化物かぶつ糖質とうしつ)」を大量にることで、「”一時いちじてきな” セロトニンの分泌ぶんぴつ」をうながすためです。

 

なので、
食事しょくじには、「セロトニンの分泌ぶんぴつ」が “一時いちじてきに” 上昇し、↓これらのメンタルが手に入ります。

 

・「集中しゅうちゅうりょく」がアップ
・「気分の落ちつき」
・「不安ふあんかん」の低減ていげん

 

 

……しかし、
効果は あくまで、 “一時いちじてき” です。

 

しかも、
「甘い食べもの♡によるセロトニンの増加ぞうか」は、その後に、「急激きゅうげきなセロトニンの低下」を招きます。

 

そしてまた、
体内のセロトニンが減少していくにつれて、「糖質とうしつを含んだ食品」を食べたくなる……、というあく 循環じゅんかんが。

 

分かりやすくまとめると、
↓このようなサイクル(循環じゅんかん)を、何度もなんども、くり返すことになるのです。

 

①「糖分とうぶん糖質とうしつ)」を摂取せっしゅする

② “一時いちじてきな” メンタルの安定

急激きゅうげきなメンタルの “” 安定化

④「甘いもの」を摂りたくなる…(以下ループ)

 

セロトニンをつくる “原料” →「たんぱく質」

セロトニンの"原料"=『たんぱく質』

 

……さて。

 

ここまでの話で、
セロトニンという物質ぶっしつが、「心の安定」にとって大切であることが、確認できましたね。

 

なので、もしかしたら あなたも、

 

やばいっ!!(゚Д゚)
セロトニンを増やさなきゃ!

どうやったらセロトニンは
合成されるのかしら!?(゚Д゚)

 

↑コチラの男女のように感じたかもしれません。

 

さきに結論を言うと、
『たんぱく質』が、「セロトニン合成の “原料げんりょう“」として、活躍しています。

 

さらに言うと、
「”良質りょうしつな” タンパク質」にふくまれる、『トリプトファン』という成分が、セロトニンの材料です。

 

【「セロトニンの “材料”」】

『たんぱく質』
→→『トリプトファン』

 

したがって、
「バナナ」などに多くふくまれる、『トリプトファン』を摂取せっしゅすることが、あなたの「メンタルの安定」に役立ちます。

 

「”良質りょうしつな” たんぱく質」については、
↓コチラの見開きをタップ(クリック)してくださいね。

 


【「”良質な” たんぱく質」とは??

1.
食事しょくじおぎなわないとダメ!!(゚Д゚)」な成分(『必須ひっすアミノさん』)をふくんだタンパク質のこと。

→ オススメの食品 = ぎゅうぶたのもも肉、とりむね肉、たまご、牛乳ミルク大豆だいず、プロテイン サプリメント……など

『トリプトファン』を赤字にした「必須アミノ酸」の一覧

 

セロトニンの合成 場所 →『縫線核(ほうせんかく)』

縫線核の位置

 

じつは、
私たちの頭にくっついている『のう』という器官きかん臓器ぞうき)には、「セロトニンの合成 工場」があります。

 

あまり聞きれないかもしれませんが、
脳幹のうかん』と呼ばれるエリア(領域りょういき)—— そのまた中にある『縫線核ほうせんかくが、『セロトニン』を合成しているのです。

 

縫線核の位置

 

縫線核ほうせんかく』には、
「セロトニンを管理する神経しんけい」が、た~~っくさん集まっています。

 

それから、
「セロトニンの合成・分泌ぶんぴつ」以外にも、ほかののう領域りょういきからの、

 

セロトニンを送ってくれ!!(゚Д゚)

 

↑このような要求に応じて、「セロトニンの移動いどう伝達でんたつ」を行なったりもするそうです(『投射とうしゃ』と言います)。

 

セロトニンの活動 範囲 →『中枢神経系(脳 + 脊髄)』

(中枢 神経におけるセロトニンの活動)

中枢神経系でセロトニンが活動するようす

 

縫線核ほうせんかく』でつくられたセロトニンは、
中枢ちゅうすう 神経しんけいけい』の いろ~~んなところを行きうことで、「心の安定」をサポートします。

 

中枢ちゅうすう 神経しんけいけいというのは、
ざっくり言うとのう + 脊髄せきずいのことです。

 

脳+脊髄=中枢神経

 

首のうしろあたりから背中にかけて、
にょ~~っと伸びている神経しんけいのことを、生物せいぶつがく解剖かいぼう学では、『脊髄せきずい』と呼んでいます。

 

なんと、
脳内のうない分泌ぶんぴつされたセロトニンの活動は、私たちの背中せなかあたりにある『脊髄せきずい』まで続いているのです。

 

(『中枢ちゅうすう 神経しんけいけい』におけるセロトニンの活動)

中枢神経系でセロトニンが活動するようす

 

脊髄せきずい』にふくまれる、
自律じりつ 神経しんけい』を調節ちょうせつすることで、私たち人間の「心の安定」をサポートしているのは、さきに お話したとおりです。

 

セロトニンは、とっっても働き者ですね。
あとで頭ナデナデしてあげます。←?

 

【 まとめ 】『セロトニン』について

 

【『セロトニン』とは?? 】

→「メンタル バランスの調整ちょうせいやく」として活動する化学かがく 物質ぶっしつのこと。

【『セロトニンの8つの働き 】
メリット(じゅぶんな分泌ぶんぴつ
1. 気分が落ちつく
2.「不安ふあんかん」を取りのぞく
3. 集中しゅうちゅうりょくを高める
4. スッキリ起きられる
5. よく眠れるようになる
デメリット(分泌ぶんぴつ 不足ぶそく
6. ガマンができなくなる
7. 性欲せいよくがめっっちゃ強くなる
8.「食べ過ぎ」を止められない

 

【「セロトニンの “材料”」】

『たんぱく質』
→→『トリプトファン』

【「セロトニンの “合成 場所”」】

縫線核ほうせんかく

縫線核の位置

 

今回も読んでくれてありがとっ♡♡

 

↓この記事も読むといいかもっ!!

 

のうについて

 

快楽かいらく 物質ぶっしつ」——『ドーパミン』について

 

闘争とうそう or 逃走とうそうホルモン」——『ノル アドレナリン』について

 

「幸せホルモン」——『オキシトシン』について

 

「セロトニンと似た はたらき」の神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつ ——GABAギャバ

 

【 おすすめ 】「参考 書籍」のコ~~ナ~~っ!

 

神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつについて “あさひろく” 知りたい あなたは、↓コチラの本で「マンガ形式」で学べますっ!!(゚Д゚)


 

もっとんでのう』と『こころ』について学びたい あなたは、↓コチラの 本格ほんかく的な” 入門にゅうもんしょがオススメっ!!


 

セロトニン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアっ♡♡
あせんとをフォローっ♡♡
コンビニ店員 人間関係とお金を語る

コメント