「GABA(ギャバ)とは何か?」を簡単に分かりやすく解説っ【神経伝達物質】

 

あせんと
あせんと

はいどーも! あせんとです!

 

今回は、
↓下記の結論に沿って お話していきますっ!

 

【『GABAギャバ』とは?? 】

「リラックス効果こうか」を あたえる化学かがく 物質ぶっしつのこと。

 

そんじゃっ、
GABAギャバ の特徴」をまとめると↓下記のとおりですっ!

 

【『GABAギャバ』の4つの特徴とくちょう 】

メリット(じゅぶんな分泌ぶんぴつ

1. 気分きぶんのリラックス
2. 集中しゅうちゅうりょくを高める

デメリット(分泌ぶんぴつ 不足ぶそく

3.「興奮こうふん」がおさえられない
4.「イライラ」しやすくなる

 

それじゃあ今回もいっくぞ~~っ!!(゚Д゚)

 

「GABA(ギャバ)とは何か?」を簡単に分かりやすく解説っ【神経伝達物質】

スポンサーリンク

『神経 伝達物質』とは何か? → 2分で解説!

神経伝達物質=情報の伝達役

 

GABAギャバ の説明に入るまえに、
「『神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつ』とは何か??」について、おさらいさせてください。

 

神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつ』とは、
↓下記のような化学かがく 物質ぶっしつのことでしたね。

 

人間ヒト脳内のうないで、
情報じょうほう運搬うんぱんやく』として
活動かつどうする物質ぶっしつ

 

そして、
ここで言う『情報じょうほう』とは —— すなわち、「人のこころ」。

 

↓下記にしめすように、
あらゆる「こころの機能きのう」を『情報じょうほう』として運んでいるのが、『神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつ』なのです。

 

【『情報じょうほう(心の機能きのう)』の一覧いちらん

感情かんじょう
思考しこう
記憶きおく
経験けいけん
理性りせい
意識いしき
感覚かんかく五感ごかん
言語げんご
理解りかい…など

 

神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつは、
↑以上にあるような情報じょうほうを「運ぶ」ことで、「人のこころ」を生み出すことにつとめています。

 

 

……つまり、です。

 

誤解ごかいをおそれずに言うと、
神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつ』とは、「人のこころ」を作り出す物質ぶっしつの1しゅということです。

 

神経 伝達物質 =「運搬」 神経 細胞 =「伝達」

神経伝達物質→運搬 神経細胞→伝達

 

そして、
神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつあわせて(いっしょに)考えたいのが、神経しんけい 細胞さいぼうneuニューronロン)』という組織そしきについてです。

 

神経しんけい 細胞さいぼう』とは、
脳内のうないにて「あらゆる情報じょうほうを伝える細胞さいぼうのこと。

 

神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつが持ってきた情報じょうほうを受けとり、のうに「伝える」ことで、私たちの『こころ』が生まれます。

 

つまり、
「人のこころ」とは、『神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつ』と『神経しんけい 細胞さいぼう』コンビネーションによって、作り出されているのです。

 

イメージとしては、
↓以下のような感じですね。

 

神経伝達物質が脳内で神経細胞へ情報を伝達している様子

 

さいごに、
それぞれの役割は↓下記のようにまとめられます。

 

神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつ』 ← 本日の主役☆

情報じょうほうの『運搬うんぱんやく

神経しんけい 細胞さいぼう

→ 情報の『伝達でんたつやく

 

『GABA』とは? →「リラックス効果」をもたらす化学 物質

『GABA』=リラックス効果をもたらす物質

 

さて、
それでは本題ほんだいの『GABAギャバ』の解説について、すすめていきましょう。

 

GABAギャバとは、
ひとことで言うと、「リラックス効果こうかをもたらす物質ぶっしつのことです。

 

ちなみに、正式な名前は、
Gammaガンマ Aminoアミノ Butyricビュティリック Acidアシッドγ-ガンマ アミノ酪酸らくさん)” と言い、頭文字をとって『GABAギャバ』と呼ばれています。

 

 

……と、
おおざっぱに「GABAギャバ = リラックス効果こうか」と言われても、いまいちピンと来ませんよね。

 

GABAギャバ による気分きぶんのリラックス(落ち着き)」をひもくには、ふく 交感こうかん神経しんけいというフレーズが役立ちます。

 

というのも、
ふく 交感こうかん神経しんけい』は、別名で「リラックス神経しんけいとも呼ばれており、私たちを「落ち着いた気分きぶん」にさせる組織そしき

 

【『ふく 交感こうかん神経しんけい』とは??】

→「気分きぶん落ち着き」をコントロールする神経しんけいのこと。
「リラックス神経しんけいとも呼ばれる。

 

GABAギャバ』という物質ぶっしつは、
この「リラックス神経しんけいふく 交感こうかん神経しんけい)」を刺激しげきすることで、↓以下の3つのメリットをもたらしてくれます。

 

【『GABAギャバ』の2つのメリット 】

メリット(じゅぶんな分泌ぶんぴつ

1. 気分きぶんのリラックス
2. 集中しゅうちゅうりょくを高める

 

『GABA』のメリット ① →「気分のリラックス」

【イラスト】「GABAがリラックスさせるようす」

 

まずは、
GABAギャバ のメリット」の1つ目 ——「1. 気分きぶんのリラックス」から ご説明いたしましょう。

 

ふく 交感こうかん神経しんけい』——
——「リラックス神経しんけい」の役割やくわり把握はあくすると、「① 気分きぶんのリラックス」についての理解がグンと進みますよ。

 

さきほどの お話のとおり、
GABAギャバ』には、「リラックス神経しんけいふく 交感こうかん神経しんけい)を刺激しげきする はたらき」があるのでしたね。

 

イメージ的には、
↓以下のような感じです。

 

【イラスト】『GABA』が副交感神経(リラックス神経)を刺激するようす

 

そして、
ふく 交感こうかん神経しんけい(リラックス神経しんけい)』と『GABAギャバ』のはたらきを かんたんにまとめると、↓下記のような順番になります。

 

①『GABAギャバ』が合成ごうせい分泌ぶんぴつ

②『ふく 交感こうかん神経しんけい(リラックス神経しんけい)』が刺激しげき

③「気分きぶんのリラックス」が実現じつげん

 

GABAギャバ』が、
ふく 交感こうかん神経しんけい』に作用することで、「1. 気分きぶんのリラックス」が手に入り、私たちのメンタルは安定します。

 

このように、
GABAギャバ の はたらき」によって、「緊張きんちょう」や「不安ふあん」など、「不安定なこころの状態じょうたい」が改善かいぜんされていくのです。

 

『GABA』のメリット ② →「集中力のアップ」

【イラスト】「GABAによる集中力のアップ!」

 

次に ご紹介するのは、
GABAギャバ による「2. 集中しゅうちゅうりょくのアップ」です。

 

GABAギャバ』には、
「リラックス神経しんけいふく 交感こうかん神経しんけい)」のはたらきを活発かっぱつにする効果こうかがある……、というのは、さきほど お話したとおりです。

 

じつは、
ふく 交感こうかん神経しんけい(リラックス神経しんけい)』には、「2. 集中しゅうちゅうりょく向上こうじょう」をサポートする効果こうかもあります。

 

それはつまり、
↓以下のような順番をることで、「GABAギャバ の はたらき」が「2. 集中しゅうちゅうりょくアップ!」につながる……、ということ。

 

①『GABAギャバ』が合成ごうせい分泌ぶんぴつ

②『ふく 交感こうかん神経しんけい(リラックス神経しんけい)』が刺激しげき

③「集中しゅうちゅうりょくのアップ」が実現じつげん

 

したがって、
集中しゅうちゅうりょくを上げたいなぁ~…」と感じたときには、↓以下のアロマをかおらせると良いでしょう。

 

・カモミール

・ラベンダー

 

というのも、
「カモミール」「ラベンダー」などには、GABAギャバ分泌ぶんぴつをサポートする はたらき」があるのだそう。

 

なので、
「勉強に集中しゅうちゅうしたいとき」や「仕事をませたいとき」は、アロマのちからを借りるのが吉ですよ。

 

【イラスト】「アロマがGABAの分泌をうながすようす」

 

『GABA』のデメリット ① →「興奮」が抑えられない

【イラスト】GABA不足による興奮

 

ここからさきは、
GABAギャバ が足りないとどうなるか?」というポイントに焦点しょうてんを当てて、話をすすめていきましょう。

 

さきに結論を言うと、
GABAギャバ』がじゅうぶんに分泌ぶんぴつされないと、「1. 興奮こうふんおさえきれない…」という「デメリット」が顔を出します。

 

というのも、
GABAギャバ』には、私たちの「興奮こうふん」をコントロールする神経しんけい ——『交感こうかん 神経しんけい』を抑制よくせいする はたらきがあるのだそう。

 

交感こうかん 神経しんけい』は、
別名で「興奮こうふん 神経しんけい」とも呼ばれ、「リラックス神経しんけいふく 交感こうかん神経しんけい)」と協力し、「心の安定」を管理かんりしています。

 

なので、
この2タイプの神経しんけいについてまとめると、↓下記のような感じになりますね。

 

・『交感こうかん 神経しんけい

→「興奮こうふん」をコントロール

・『ふく 交感こうかん神経しんけい

→「落ち着き」をコントロール

 

GABAギャバ分泌ぶんぴつ」が足りなくなれば、
興奮こうふん 神経しんけい」が過度かどに はたらくこととなり、「つねにカラダ(のう)がエキサイト☆した状態じょうたい」へと つながります。

 

つまり、
GABAギャバ分泌ぶんぴつ 不足ぶそく」は、↓以下のような状況を作り出してしまうのです……!!

 

①『GABAギャバ』の分泌ぶんぴつ 不足ぶそく

②「交感こうかん 神経しんけい」が過剰かじょうに活動

③「興奮こうふん」をおさえられない……。

 

『GABA』のデメリット ② →「イライラ」しやすくなる

【イラスト】GABA不足による「イライラ」

 

GABAギャバ 不足ぶそくのおそろしさ」は、
興奮こうふんおさえられねぇ……(゚Д゚)」というだけではありません。

 

なんと、
「② イライラしやすくなる」という、「感情かんじょうコントロール」にまで、あく 影響えいきょうをおよぼすのです……!!

 

【イラスト】GABA不足による脳のイライラ

 

ちなみに、
GABAギャバ と似たようなはたらきをする物質ぶっしつの1つに、『セロトニン』があります。

 

こちらも「GABAギャバ不足ふそく」と同様どうよう、「セロトニン不足ぶそく」が生じると「怒りっぽく」なったり「キレやすく」なったりするのだとか。

 

この2つの物質ぶっしつはどちらも、
↓以下のような効果こうかをもたらす化学かがく 物質ぶっしつのため、まとめて「抑制よくせいせい 神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつ」と呼ばれています。

 

交感こうかん 神経しんけいの はたらき」をおさえ、
気分きぶんのリラックス」をサポートする。

 

短気たんき損気そんき” と言いますが、
のう科学かがく神経しんけい 科学かがく)の視点から見ると、 “GABAギャバ 不足ぶそく損気そんき” とも言い換えられます。

 

「イライラ」という感情かんじょうは、
「”抑制よくせいせい神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつ」——『セロトニン』や『GABAギャバ』の不足ふそくによって、起こりやすくなってしまうのですから。

 

「GABA の “材料”」→『たんぱく質』

【イラスト】GABAの原料=『たんぱく質』

 

リラックス神経しんけいふく 交感こうかん神経しんけい)」を活発かっぱつにして、「リラックス効果こうか」をあたえる物質ぶっしつ ——『GABAギャバ』。

 

じつは、
この神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつを生み出す “材料ざいりょう” は、私たちの身のまわりに存在する、ありふれたえいようです。

 

それは、『たんぱく質』

 

たんぱく質にふくまれる、
『グルタミンさんという成分が、GABAギャバ』を合成ごうせいする “原料げんりょう としてはたらいています。

 

【『GABAギャバ』を合成ごうせいする “材料ざいりょう” 】

→『たんぱく質』に含まれる成分の1つ ——『グルタミンさん

 

そして、
さいわいなことに、『グルタミンさん』という物質ぶっしつは、「体内たいないでの合成ごうせいが可能なえいようの1つ」でもあるのだそう。

 

なので、
「グルタミンさん 不足ぶそく」——「GABAギャバ材料ざいりょう 不足ぶそく」におちいることは、あまりないと言えます。

 

したがって、
私たちが おこなうべきは↓下記にきます。

 

日々の生活のなかで、
「タンパク質を しっかりと
摂取せっしゅする」こと

 

「GABA が合成されるタイミング」→「睡眠中」

【イラスト】睡眠中のGABA合成

 

『グルタミンさん(たんぱく質の1種)』をもとに合成ごうせいされる GABAギャバ という物質ぶっしつは、睡眠すいみんちゅう」に作られます

 

よる 眠っているとき」が、
体内たいないで もっともGABAギャバ合成ごうせい」が進むタイミングなのです。

 

【イラスト】睡眠中にGABAの分泌がうながされるようす

 

なので、
「しっかりと眠ること」は、日中の GABAギャバ分泌ぶんぴつにも影響えいきょうをあたえ、「メンタルの安定」をサポートします。

 

逆に、
睡眠すいみんが6時間じかん、5時間……、と短くなるにつれて、「GABAギャバ合成ごうせい」も減少していく……。

 

しつわる睡眠すいみん」は、
「メンタルの安定」をサポートする「GABAギャバ合成ごうせい分泌ぶんぴつ」という視点から見ても、 “悪手あくしゅ(わるい手)” 。

 

あせんと
あせんと

「6時間 以上の睡眠すいみんは、
GABAギャバ分泌ぶんぴつ」にとっても
マスト(絶対)です!!(゚Д゚)

 

また、
GABAギャバ合成ごうせい分泌ぶんぴつ」は「交感こうかん 神経しんけい抑制よくせい」をしてくれるため、「寝つきやすさ」とも関連しています。

 

なので、

 

さいきん、
どうも寝つきが悪い気が
するんだよねぇ……。

ベッドの上で、
20~30分くらい
ゴロゴロしちゃうわ……。

 

↑上記の男女のように「睡眠すいみんの悩み」を抱えているときは、積極せっきょくてきに『たんぱく質』——『グルタミンさん』を摂取せっしゅしましょう。

 

「Q. GABA チョコレートってどうなの?」→「A. “一部に” 効果あり」。

『交感神経』と『腸』に効果あり!!

 

ここで、
ちょっとだけ余談よだんをさせてください。

 

Grico♪の音楽でおなじみの、
株式 会社グリコさん から出ている、「GABAギャバ チョコレート」という お菓子がありますね。

 

「ストレス社会で戦う あなたに」。

 

↑上記mpような謳い文句キャッチ フレーズで開発された「GABAギャバ チョコレートの効果こうか」について↓下記にまとめました。

 

交感こうかん 神経しんけい

→ 効果こうかあり。

ちょう

→ 効果こうかあり。

のう

→ 効果なし。

 

くちから摂取せっしゅされた GABAギャバ は、
「① 食道しょくどう → ② → ③ ちょう」の順番で移動いどうし、消化しょうか吸収きゅうしゅうされていきます。

 

このプロセス(過程)のなかで、
興奮こうふん 神経しんけい交感こうかん 神経しんけい)」や『ちょう』に対して はたらき、「リラックス効果こうか」をもたらすのだそう。

 

なので、
交感こうかん 神経しんけい』と『ちょう』には「GABAギャバ効果こうかあり!!(゚Д゚)」と言えそうですね。

 

『GABA』は、『脳』を通過しない!?

【イラスト】脳にGABAが行き渡らないようす

 

……ただし、
問題は『のう』です。

 

↓下記の記事でも お話していますが、『のう』という器官きかん臓器ぞうき)には「特定とくていの成分しか通さない “フィルター”」——『のう 血液けつえき関門かんもん』があります。

 

そして残念なことに、
GABAギャバ』は、この「のうのフィルター」を通過つうかすることができません。

 

つまり、
GABAギャバ チョコレートの効果こうか「”のうには” 意味がない」と言えます。

 

さきほど ご紹介した↓下記の表のとおりですね。

 

交感こうかん 神経しんけい

→ 効果こうかあり。

ちょう

→ 効果こうかあり。

のう

→ 効果なし

 

したがって↓以下のようなご期待をされるのであれば、ぜひとも『たんぱく質』——『グルタミンさん』をることをオススメします。

 

のう』に作用する
神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつとしての『GABAギャバ

 

というのも、
『グルタミンさん』は、さきほどの「のうの “フィルター”」——『のう 血液けつえき関門かんもん』を通ることができます。

 

つまり、
のう』に行きわたったグルタミンさんは、『GABAギャバ』へとカタチを変えて「リラックス効果こうか」をもたらしてくれるのです。

 

『GABA』の合成 場所 →『側坐核』

そくかくの位置)『側坐核』の位置

 

口から摂取せっしゅされたグルタミンさんは、
のう 血液けつえき関門かんもん』という “フィルター” を通過つうかすることで初めて『のう』へと行きわたります。

 

そして、
GABAギャバ』へとカタチを変えるべく、そくかくと呼ばれる、のう 領域りょういきへと移動いどうしていく……。

 

そくかくの位置)
『側坐核』の位置

 

そくかく』は、
GABAギャバ合成ごうせい 工場こうじょうです。

 

なんと、
そくかく』にある神経しんけい 細胞さいぼうのうち、約95%が「GABAギャバ合成ごうせい」をおこなう組織そしきなのだとか。

 

あせんと
あせんと

そくかくに存在する
ほっっとんどの神経しんけい 細胞さいぼうが、
GABAギャバ合成ごうせい」に利用
されているんですね!!(゚Д゚)

 

このエリアで生産された GABAギャバ は、
のう』だけに かぎらず、私たちの背中にある神経しんけい ——『脊髄せきずい』をとおって、からだじゅうへ向けて、移動いどうをスタート。

 

そくかく』で合成ごうせいされた GABAギャバ は、
全身にめぐらされた神経しんけいをたどることで、「リラックス効果こうかの “たび“」に出るのですね。

 

『GABA』について まとめるよっ!

 

【『GABAギャバ』とは?? 】

→「リラックス効果こうか」を与える化学かがく 物質ぶっしつのこと。

【『GABAギャバ』の4つの特徴とくちょう 】

メリット(じゅぶんな分泌ぶんぴつ

1. 気分きぶんのリラックス
2. 集中しゅうちゅうりょくを高める

デメリット(分泌ぶんぴつ 不足ぶそく

3.「興奮こうふん」がおさえられない
4.「イライラ」しやすくなる

 

GABAギャバ』の合成ごうせい材料ざいりょう

→「グルタミンさん(『たんぱく質』の1種)」

GABAギャバ』の合成ごうせい “場所”

→『そくかく

『側坐核』の位置

 

今回も読んでくれてありがとっ♡♡

 

↓この記事も読んでほしいなぁ~っ☆☆

 

そのほかの神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつについては↓以下を参考にっ!

(この記事もオススメっ☆☆ →『神経伝達物質』の一覧

 

「ストレス ホルモン」——『コルチゾール』について

 

のうについて

 

【 おすすめ 】「参考 書籍」のコ~ナ~っ!

 

神経しんけい 伝達でんたつ物質ぶっしつについて “あさひろく” 知りたい あなたは、↓コチラの本で「マンガ形式」で学べますっ!!(゚Д゚)


 

もっとんでのう』と『こころ』について学びたい あなたは、↓コチラの 本格ほんかく的な” 入門にゅうもんしょがオススメっ!!


 

神経伝達物質
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアっ♡♡
あせんとをフォローっ♡♡
コンビニ店員 人間関係とお金を語る

コメント