「『中枢神経系』の構成と働き」を簡単に分かりやすくまとめるよっ【神経系】

 

あせんと
あせんと

はいどーも! あせんとです!

 

今回は、
↓下記の結論に沿って お話していきますっ!

 

【『中枢ちゅうすう神経しんけいけい』とは? 】

→「のう + 脊髄せきずい」を合わせた神経の集まりのこと。

【『のう』のはたらき 】

「心とからだ」をコントロール。人体の司令しれいとう

【『脊髄せきずい』のはたらき 】

→ ほかの組織そしき器官きかん臓器ぞうき)と、のうとの情報じょうほう の “通り道”」

 

それじゃあ今回もいっくぞ~~っ!!(゚Д゚)

 

「『中枢神経系』の構成と働き」を簡単に分かりやすくまとめるよっ【神経系】

スポンサーリンク

『中枢 神経系』=「脳 + 脊髄」

脳+脊髄=中枢神経

 

中枢ちゅうすう神経しんけいけいとは、
のう脊髄せきずいによって構成こうせいされた器官きかん臓器ぞうき)の集まりのこと。

 

そして、
「ある特定の機能きのうを持つカラダの組織そしき」のことを、『器官きかん』—— あるいは『臓器ぞうき』と呼びます。

 

さらにいうと、
解剖学かいぼうがくでは「似たような機能きのうをもつ器官きかん臓器ぞうき)」のことを、ひとまとめにして『〇〇けい』としょうするのだとか。

 

まとめると↓下記のような感じですね。

 

【『(器官きかん臓器ぞうき』とは?】

→「ある特定の機能きのう」を持ったカラダの組織そしきのこと。

【『〇〇けい』とは? 】

→「似たような機能きのう」をもつ器官きかん臓器ぞうき)器官グループのこと。

 

したがって、
中枢ちゅうすう 神経しんけいけい』もまた、「おなじような機能きのうを持った器官きかん臓器ぞうき)のまとまりの1つ」ということになりますね。

 

それでは、
中枢ちゅうすう 神経しんけいけい』の役割とは、いったい何なのか?

 

それは、
神経しんけい 細胞さいぼう』を とおして、からだ全体に情報じょうほうを伝えること」です。

 

『神経 細胞』による、「情報の伝達」。

神経細胞=情報の"伝達役"

 

神経しんけい 細胞さいぼうという、
あたらしいフレーズが出てきましたね。

 

神経しんけい 細胞さいぼうは、
言ってみれば情報じょうほうの “伝達でんたつやく“」です。

 

外部から受けた刺激しげき ——
—— 光の強さ、痛みなどを、細胞さいぼうから細胞へ、そして また次の細胞さいぼうへと伝えていきます。

 

その様子ようすは、
まるで “バケツリレー” のようです。

 

バケツリレーのイメージ

 

↑このようにして伝えられた情報じょうほうは、
のう』や『脊髄せきずい』のなかを駆けめぐり、私たちの『思考しこう』や『感情かんじょう』、それから『意思いし』などとして現れます。

 

あるいは、
心臓しんぞう鼓動こどう」や「体温の調節ちょうせつ」などに役立てられることも。

 

つまり、
誤解ごかいをおそれずに言うと、『神経しんけい 細胞さいぼう』とは「心とからだに情報じょうほうを伝える “伝達役”」のことなのです。

 

『中枢 神経』=「たくさんの神経 細胞が集まった器官」

神経細胞(ニューロン)が中枢神経系に集まっているようす

 

さきほどもお話したとおり、
中枢ちゅうすう 神経しんけいけいは、『のう』と『脊髄せきずい』の2つによって構成こうせいされています。

 

そして、
それぞれの中枢ちゅうすう 神経しんけいのう + 脊髄せきずい)には、ものっっそ たくさんの『神経しんけい 細胞さいぼう』が集まっているのだそう。

 

中枢ちゅうすう 神経しんけい =『神経しんけい 細胞さいぼう』の集まり

 

この「無数の神経しんけい 細胞さいぼうのはたらき」によって、からだ全体に情報じょうほうが伝わり、私たちの心とからだに指令が出される。

 

イメージ的には、
↓以下のような感じですね。

 

gif【イラスト】神経細胞のあいだにおける情報伝達

 

これが、
中枢ちゅうすう 神経しんけいけい』についての、おおよその説明です。

 

 

……では、
中枢ちゅうすう  神経しんけいけいにおける「神経しんけい 細胞さいぼうかずは、いったいどれくらいあるのでしょうか?

 

人体における「あらゆる情報じょうほう刺激しげき」を扱っていますから、きっと相当な数があるにちがいありません。

 

ちなみに、
クラゲのような下位 生物だと、5,600個くらいの神経しんけい 細胞さいぼうがあるそうです。

 

5,600個。

なかなか多いですね。

 

 

……その一方で、
人間ヒト神経しんけい 細胞さいぼうかず」は、約1,000おく 個にものぼるとされています。

 

「ヒトの神経 細胞」は、約1,000億 個!?(゚Д゚)

【イラスト】神経細胞(ニューロン)が中枢神経系に集まっているようす

 

2,000おく 個。

 

 

……1,000億 個??(゚Д゚)

ちょっと多すぎません??

 

数値であらわすと、↓このようになります。

 

【 ヒトの「神経しんけい 細胞さいぼうかず」】

→ 約100,000,000,000個

 

文字通り、
“ケタ違い” という感じですね。。(゚Д゚)

 

ともあれ、
中枢ちゅうすう 神経しんけいけい』には、ものっっそ たくさんの神経しんけい 細胞さいぼうが集まっているとお分かりいただけたでしょうか。

 

この大っっ量の神経しんけい 細胞さいぼう中枢ちゅうすう 神経しんけいにて た~~っくさん働くことで、私たち人間の「心とからだの安定」がキープされるのです。

 

それではまず、
中枢ちゅうすう 神経しんけいけいの1つ」として、心とからだをコントロールする器官きかん ——のうのご紹介からまいりましょう。

 

中枢 神経系 ① →『脳』

脳=司令塔

 

のう』は、人体における「司令塔しれいとうです。

 

サッカーでいうと、「キャプテン」。

会社でいうと、「社長」のようなものですね。

 

私たちが受け取った情報じょうほう、あらゆる刺激しげきはすべて「心とからだの司令塔しれいとう」——『のう』にて処理されていきます。

 

のう』=「人体の “司令塔しれいとう“」

 

たとえばですが、
あなたが今ご覧になっている、この画面。

 

あなたはいま、
ディスプレイに映し出されている『文字』や『画像』などを「見て」いますよね。

 

【イラスト】「眼」でスマホの情報を受けとるようす

 

「見る」というのは、
言うまでもなく『目』と呼ばれる器官きかんがおこなっていること。

 

↓以下にあるすべての情情報じょうほう報、あるいは刺激しげきを受けとれるのは『目(眼)』という器官のお仕事があってこそ。

 

・文字
・画像
・光の強さ
・人の顔…など

 

そして、
『目』から受けとった情報じょうほうを処理しているのは『のう』ですね。

 

すべての「情報じょうほう刺激しげき」は、あなたの頭のなかにある器官きかん臓器ぞうき)——『のう』によって、処理されているのです。

 

『脳』は、人体における「司令塔」!!(゚Д゚)

『脳』は「司令塔」

 

さらに言うと、『目』だけではなく、
皮膚ひふ』や『耳』、それから『鼻』や『舌』などの臓器ぞうきが受けた情報じょうほう刺激しげきはすべて、『のう』にて処理されます。

 

いわゆる、
視覚しかくちょう覚~…」などの『五感』を感じるのは、それぞれ異なる器官きかん臓器ぞうき)たちです。

 

視覚しかく
→『目』
ちょう
→『耳』
きゅう
→『鼻』

→『舌(ベロ)』
しょっ
→『皮膚』

 

けれど、最終的に、
「五感から受けた情報じょうほう刺激しげきの処理」がおこなわれるのは……、やはり『のう』。

 

おいしいものを食べたときに感じる、「うんめぇ!!(゚Д゚)」という気持ち。
指をケガしたときに感じる、「痛いんですけど!?(゚Д゚)」という感覚。

 

↑上記のすべては、
のう』に情報じょうほう刺激しげきが伝えられ、処理されることで生じる気持ちであり、感覚です。

 

刺激・情報が中枢神経系を通るようす

 

このように、
のう』は、私たちの心とからだコントロール(管理)する —— いわば、司令塔しれいとうなのです。

 

『脳』は、「4つの領域」で構成!!(゚Д゚)

脳の4つの領域(大脳、小脳、間脳、脳幹)のイメージ

 

からだが受け取る、
あらゆる刺激しげき情報じょうほうをコントロールする、『のう』という器官きかん臓器ぞうき)。

 

そんな働きをする『のう』という器官きかんは、
じつは、大きく分けると「4つの領域りょういき」に分類できます。

 

それぞれの部位が、
お互いに「異なる情報じょうほう 処理」をしているのですね。

 

そして、
↓以下が「のうの4つの領域りょういき」のまとめです。

 

【『のう』の4つの領域りょういき
1. 大脳だいのう
2. かん
3. しょう

4. 脳幹のうかん脳の4つの領域(大脳、小脳、間脳、脳幹)のイメージ

 

中枢 神経系 ② →『脊髄(せきずい)』

脊髄=通り道

 

つぎに ご紹介したいのは、
中枢ちゅうすう 神経しんけいけいのなかでも、『脊髄せきずい』と呼ばれる領域りょういきです。

 

脊髄せきずいのはたらき」を分かりやすく言うと、
神経しんけいの “パイプ役” になること」

神経しんけいの “通り道”」とも言えますね。

 

からだが受けるすべての情報じょうほう刺激しげきは、すべての神経を構成こうせいしている『神経しんけい 細胞さいぼう』によってキャッチされます。

 

この「キャッチされた情報じょうほう刺激しげき」を、それぞれのからだの器官きかんと伝えるべく “通り道” となることが『脊髄せきずい』のおもなミッションです。

 

脊髄=通り道

 

 

……ちなみに、
よくある間違いが、背骨せぼね —— つまり、『脊 つい』のことを、『脊 ずい』と口にしてしまうこと。

 

脊椎セキツイ 動物」ということばに表されるように、『脊 つい』とは、『背骨』——ほねbornボーン)』のことです。

 

たいして、
『脊 ずい』とは、『神経(nerveナーヴ)』のことを指しています。

 

どちらも “せき” という漢字に始まり、
語感(ことばの感じ)まで似ているので、お間違えないよう、どうか ご注意くださいね。

 

せきずい“』←本日の主役☆

『神経』のこと。

『脊 “つい“』

→『骨』のこと。

 

脊髄がもつ「2つの神経をとおす “トンネル”」

神経を通す"トンネル"=『神経路(伝導路)』

 

……ちょっと脱線してしまいましたね。

話を戻しましょう。

 

脊髄せきずい』という器官きかんは、
神経をとおすための “通り道” —— “パイプ役” として機能きのうしているのでしたね。

 

そして、
「神経の “パイプ役”」—— “はしわたし” を担当する脊髄せきずいは、「2つの神経をとおす “トンネル”」を持っています。

 

この「神経をとおすトンネル」のことを、
生物学では『神経しんけい』—— あるいは『伝導でんどう』と呼んでいます。

 

それぞれ2つのタイプについては↓下記のとおりですね。

 

【「2つの神経しんけい伝導でんどう)】

1. 運動うんどう 神経しんけい伝導でんどう

→『運動 神経』がとおる。

2. 感覚かんかく 神経しんけい伝導でんどう

→『感覚 神経』がとおる。

 

この2つの神経しんけい伝導でんどう)がとおす神経の働きについては、それぞれ↓以下にまとめます。

 

【『運動うんどう 神経しんけい』と『感覚かんかく 神経』】
1. 運動うんどう 神経

→「筋肉の動き」の情報じょうほうを伝える。

2. 感覚かんかく 神経

→『五感ごかん』の情報じょうほうを伝える。

 

このあとでご紹介しますが、
運動うんどう 神経しんけい感覚かんかく 神経は、もう1つの神経 ——『自律じりつ 神経』と合わせて、『末梢まっしょう 神経』と呼ばれています。

 

中枢 神経系のお・ま・け♡ →『末梢(まっしょう)神経』

脊髄から伸びる3つの末梢神経

 

神経しんけい』について学んでいると、
かならず出現してくるフレーズがあります。

 

それが、
『”末梢まっしょう神経しんけいということばです。

 

さきほどの『運動うんどう 神経しんけい』と『感覚かんかく 神経』は「『末梢まっしょう 神経』を構成こうせいする神経しんけいの一部」だとされています。

 

まとめると、
↓以下のような感じですね。

 

【『中枢 神経系』】

→「脳 + 脊髄」

【『末梢 神経系』 】

1. 運動 神経
2. 感覚 神経
3. 自律 神経

 

末梢まっしょう” というのは、
はしっこ」とか末端まったんなどの意味です。

 

中枢ちゅうすう 神経しんけい』が、
「”中心” にある神経」のことを指すのであれば、末梢まっしょう 神経しんけい』は、「”はしっこ” にある神経」のこと

 

これまで見てきたように、
神経しんけいにおける “中心” は、『中枢ちゅうすう 神経しんけい』—— つまり、『のう』と『脊髄せきずい』ですよね。

 

 

……となれば、
「”端っこ” にある神経しんけい」——末梢まっしょう 神経しんけいは、のう脊髄せきずい “以外の” 神経」のことを指します。

 

イメージとしては、
↓下記のような感じですね。

 

脊髄から伸びる3つの末梢神経

 

「末梢 神経と中枢 神経の関係」を、『会社』でたとえるよっ!(゚Д゚)

社長さん=中枢神経 社員さん=末梢神経

 

会社でたとえると、『末梢まっしょう 神経しんけい』は、「社員さん」です。

中枢ちゅうすう 神経しんけい』は「社長さん」ですね。

 

た~~っくさんの社員たち(末梢まっしょう 神経)の働きによって、社長さん(中枢ちゅうすう 神経)のもとに「情報じょうほう」や「刺激しげき」が集まり、まとめられます。

 

社員が社長のもとで せっせと働くイメージ

 

そして必要に応じて、
社長さん(中枢ちゅうすう 神経)は社員たち(末梢まっしょう 神経)に向けて、「指示・指令」を出します。

 

経営者
経営者

食道のはたらきが
悪いぞ!(゚Д゚)

経営者
経営者

メンタルの調子が
良くないな…。
ピボットしてふく 交感こうかん神経しんけい
落ち着かせるんだ!(゚Д゚)

経営者
経営者

とうイシューをマネージするには
データドリブンでマーケして
末梢まっしょう 神経にサジェストできる
ソリューションをオファーせよ
っっっっ!!!!!!!!(゚Д゚)

 

↑上記のような感じで。(?)

 

言ってみれば、
神経しんけいけいというのは、1つの「会社 組織そしき」のようなもの。

 

社員たち(末梢まっしょう 神経)が、
せっせと集めてきた「情報じょうほう刺激しげき」を、社長さん(中枢ちゅうすう 神経)がまとめて処理していく。

 

そして必要であれば、
社員たち(末梢まっしょう 神経)に向けて、指示や指令を出していきます。

 

このように、
社員さん(末梢まっしょう 神経)と社長さん(中枢ちゅうすう 神経)が、互いに協力し合うことで、からだ全体(会社)を管理するのです。

 

『末梢 神経』は、ぜんぶで3つ!

脊髄から伸びる3つの末梢神経

 

さて。

 

会社で言うところの「社員さん」。

脊髄せきずいで言うところの末梢まっしょう神経』は、ぜんぶで3種類あります。

 

↓下記のとおりですね。

 

【「3つの末梢まっしょう 神経しんけいけい」】

1. 運動うんどう神経
2. 感覚かんかく 神経
3. 自律じりつ 神経

 

そして、
それぞれの「神経の働き」をカンタンにまとめると、↓以下のようになります。

 

1. 運動うんどう 神経

→「筋肉の動き」の情報じょうほうを伝える。

2. 感覚かんかく 神経

→『五感ごかん』の情報じょうほうを伝える。

3. 自律じりつ 神経

→「交感こうかん 神経」と「ふく 交感神経」をコントロール。

 

さて、
これで神経系についての解説は以上となります。

お疲れさまでしたっ!(゚Д゚)

 

まとめるよっ!

 

【『中枢ちゅうすう 神経しんけいけい』とは? 】

のう + 脊髄せきずい」によって構成こうせいされる器官きかん臓器ぞうき)の集まりのこと。

脳+脊髄=中枢神経

 

【『のう』のはたらき 】

「心とからだ」をコントロール。人体の司令しれいとう

【『のう』の4つの領域りょういき
1. 大脳だいのう
2. かん
3. しょう

4. 脳幹のうかん脳の4つの領域(大脳、小脳、間脳、脳幹)のイメージ

 

【『脊髄せきずい』のはたらき 】

→ ほかの組織そしき器官きかん臓器ぞうき)と、のうとの情報じょうほう の “通り道”」

【 脊髄がもつ「2つの神経しんけい伝導でんどう)」】

1. 運動うんどう 神経しんけい伝導でんどう

→『運動 神経』がとおる。

2. 感覚かんかく 神経しんけい伝導でんどう

→『感覚 神経』がとおる。

 

今回も読んでくれてありがとっ♡♡

神経系
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事をシェアっ♡♡
あせんとをフォローっ♡♡
コンビニ店員 人間関係とお金を語る

コメント